2015年5月号電子版記事より、ケアアイテムについて(2)

北です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は昨日の続きで、もう一例を紹介します。
              
            
●2015年5月号電子版記事
私の「改善」に大いに役立った、アイテム紹介とその使い方レポート
(兵庫県 Y・Aさん、41歳、女性)
  
          
■睡眠は健康の基礎
        
3歳の頃からアトピーだったYさんの症状が一気に悪化したのは、結婚後に子育てを始めた頃です。
「主人の仕事の都合で、うちは引越しが多いんです。引越しで忙しくなったり、環境が変わることにかなりストレスを感じて、引っ越すたびに症状が悪化していました。8年ほど前にたまたま図書館で読んだ本であとぴナビを知り、それからアクアゲイン(活水器)を
取り付けて自宅温泉湯治を始めました」
自宅温泉湯治を続けてきたYさんのアトピーは次第に回復し、今では人前に出てもアトピーと気づかれないほどになりました。
「あとぴナビでアトピーの原因を理解したことで、健康を保つために大切なことを学びました。毎日の睡眠と食事は健康の基礎となることなので、特に気をつけています」
         
■離脱症状のときこそエコアが役立つ
          
Yさんの離脱症状がひどかった頃は、夜中にすぐ目が覚めて、眠れない日が続いたといいます。
「あの頃は、浸出液で布団は汚れるし、布団の中で熱がこもって寝汗もひどかったです。シーツを毎日洗って、布団に掃除機をかけたりしていたけれど、布団に汗や体液のにおいがついて不快でした」
症状悪化により、ジトっとした独特の寝汗を大量にかき、布団が重くなるほど湿ってしまうという経験がある方は多いはず。Yさんは、そんな状態のときこそエコアが役に立つと言います。
「私がエコアを使い始めたのは、アトピーが大分落ち着いてきた頃でした。通気性がいいから、布団の中で熱がこもらずに熟睡できました。離脱症状で何カ月も家から外に出られず、鬱々とした気持ちで過ごしていた時期にエコアとめぐり合っていたら、どんなに良かっただろうと思います」
          
■熟睡できると肌の状態も良くなる
          
真冬でも布団に入るとのぼせたように汗をかき、夜中に何度も起きてしまっていたというYさんは、同じような症状の人にエコアを紹介したくて、今回の取材に応募してくれました。
「安心して熟睡できるようになると、肌の状態が良くなり、気持ちも前向きになります。熟睡できることはもちろんだけど、丸洗いできることもエコアの大きな魅力ですね」
転居が多かったYさんは、どこに引っ越しても布団を干すスペースに苦労していました。
「自分で布団を洗うことって、なかなかできませんよね。アトピーで寝汗に悩む人にとっては、重い布団を干したり、布団に掃除機をかけたりするのは大きな負担です。エコアは軽いから一人で運べるし、風呂場のシャワーで水洗いするだけだから本当に楽ですね」 
              
■他の布団ではもう寝たくない。布団を干したり掃除機をかける手間がない。
               
簡単に洗えて、洗った後も場所をとらずに立てかけておける。エコアのメリットを知り尽くしたYさんですが、何よりも気に入っているのは、寝心地よく安心して眠れることだといいます。
「私の息子も『気持ちいい』といって、私の布団に入ってくるようになりました。男の子だから寝汗がすごくて、ぜんそくもあるので息子用のエコアも買いました。寝苦しくていつも布団をはいでいた息子ですが、エコアにしてから布団をかけたまま眠るようになりました。
もう、エコア以外の布団だと、眠りが浅くなってしまいだめですね。この間旅行に行ったときも、布団が変わったので3時間しか眠れませんでした。実家に帰るときも、最近は日帰りするようになりました。実家の布団で寝るのが嫌だからです(笑)」
            
■「シミやシワによい」という言葉が気になって…
          
あとぴナビの商品は、スキンケアから生活用品まで、ほとんどすべて試してみたというYさん。APクリームや洗濯洗剤 安然宣言、エコアなど、たくさんのお気に入りアイテムを長年愛用していますが、最近のイチ押しスキンケアアイテムは、PululuプルンアップEXリキッドだそう。
「私は今年で41歳になります。まだシワが気になることはありませんが、プルンアップのチラシの『シミやシワによい』というフレーズが気になって試してみることにしました。今から気をつけていたほうがよいかなと思ったんです」
            
■塗った翌日は肌の状態が良くなっている
                 
発売されてすぐにPululu プルンアップEXリキッドを試し始めたYさんは、すでに3カ月以上使い続けて、その効果を実感しています。
「背中など服を着るとかくれてしまう部分に、まだ少しアトピーが残っています。背中にはかゆみでひっかき傷を作りやすいのですが、その部分にブルンアップを塗ってみたんです。傷があるので少ししみるのですが、翌日は明らかに肌の調子が良くなり、傷にもいいような気がします。使い続けて一カ月ほどたった頃、プルンアップを塗るのと塗らないのでは、肌の状態が違うことを実感できました」
Pululu プルンアップEXリキッドは、皮膚のコラーゲンを増やしますが、外部からコラーゲンを取り込むのではなく、体がコラーゲンを作り出すのを促すように作用します。
「体の中から自力で皮膚の状態を改善していくという説明文を読んで、本当だったらすごいなと思いました。でも3カ月間使い続けてみて、肌の状態が根本から良くなっていると実感できました。今では私の一番のお気に入りアイテムで、絶対に切らさないようにしています(笑)」
            
■冬場の乾燥も改善されてきた
             
Yさんは、入浴後に浴室の中でPululu プルンアップEXリキッドを全身に吹き付けます。手の届かないところは、お子さんに手伝ってもらっているそう。
「あとぴナビの相談員さんに、浴室から出ると肌が乾燥しやすいから、浴室内の蒸気に包まれた状態でスキンケアをするといいよとアドバイスを受けました。この方法だと肌がしっとりした状態のままスキンケアできるので、肌の調子もいいですね。今までは、冬の乾燥時期には肌がかさついて粉をふくこともあったのですが、プルンアップを使い始めてからは、そんなこともなく
なりました」
               
■「最近肌の調子がいいね」ご主人の嬉しい一言
               
「シミ」「シワ」という言葉に反応してPululu プルンアップEXリキッドに興味を持ったYさんですが、アトピー症状の改善だけでなく、美容的な効果も感じているようです。
「プルンアップを使い始めてから、特に顔の肌が柔らかくなって弾力が生まれてきたんですよ。主人が私の顔をみて、『最近は肌がツルツルして調子がいいみたいだね』と言ってくれたんです」
Yさんのアトピー症状がひどかった時期をすべて知っているご主人の口から何気なく出た言葉は、何よりも嬉しい一言です。
これからもPululu プルンアップEXリキッドを使い続けて、シミやシワのない若々しい肌を保てますように! 
       
             
睡眠も、アトピー性皮膚炎の方にとっては、共通しやすい改善すべき要因と言えます。
「寝る方」あるいは「寝れる方」と、「寝てない方」「寝れない方」とでは、状態の変化は大きく異なることが多いと言えます。
毎日の生活習慣だからこそ、しっかりと気をつけて対策したいですね。

                          
おまけ★★★★北のつぶやき

今月の電子版は、下記からご覧いただけます。
興味のある方は、ぜひどうぞ。

●2015年5月号電子版あとぴナビ
http://www.atopinavi.com/eb/201505_navi/index.html