皮膚を守る「メモリーT細胞」とは?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                              
アトピー性皮膚炎の方が症状を悪化させる要因として多いのが、何らかの感染症ですが、免疫に関する新たな発見があったので、記事を紹介します。
                   
              
●アトピー性皮膚炎や乾癬の解決にもつながるか?皮膚守るのは4種の「メモリーT細胞」、数は200億個
http://www.mededge.jp/a/drge/11259
        
皮膚を守っているのは、4種類の「メモリーT細胞」という細胞だと分かった。
          
メモリーT細胞は異物から体を守る免疫を担い、皮膚を守る一方で、過剰になると皮膚の病気であるアトピー性皮膚炎や乾癬といった病気にも関係すると見られている。そうした治療のターゲットを考えるときの手がかりを与えてくれそうだ。
米国ハーバード大学医科大学院を含む研究グループが、サイエンス・トランスレーショナル・メディシン誌3月号で報告した。
          
■200億個のメモリーT細胞
         
人間の成人の皮膚は、およそ200億個のメモリーT細胞を含んでいる。T細胞は役目を終えると通常は死んでしまうが、一部は自分の役目を記憶したまま細胞分裂を止めて休止。次に同じ役目が必要になったときに備えている。「メモリー」の名前のゆえんだ。
人間の皮膚ではどうなっているか意外と分かっていなかった。
研究グループは、このたび人間の皮膚のT細胞がどうなっているかを調べた。
         
■常在型は循環型より作用力が強い
         
T細胞は4種類あって、2種類は皮膚組織に常在し、2種類は血液中を循環していると分かった。
細胞の持っているタンパク質によって、機能はさまざま。その目印を手がかりに何種類が存在するかを調べた結果として、4つに絞り込むことができた。
皮膚は、表面が表皮、深くにあるのが真皮と呼ばれている。双方に1種類ずつが存在している。「常在型のメモリーT細胞」というタイプで、全てCD69というタンパク質を持っていた。
真皮に存在しているのは、主にCD103というタンパク質を持たないヘルパーT細胞。
表皮では、主にCD103というタンパク質を持っているヘルパーT細胞。CD103を発現していないタイプと比べて増殖能力が限られていた。常在型メモリーT細胞は、循環型より作用が強いのが特徴だ。
         
■異物を食べる細胞を連れてくる。
        
循環型のメモリーT細胞には明確な2集団があり、どちらも「CCケモカイン受容体7」を持っていた。マクロファージと呼ばれる異物をたべる細胞を連れてくる働きがある。
循環型は一方は、「Lセレクチン(白血球と血管内皮細胞の接着に関与するタンパク質)を持っているメモリーT細胞。このメモリーT細胞はセントラルメモリーT細胞と呼ばれるもので、休止している間にも増殖することができる。一方で、Lセレクチンを持たないメモリーT細胞もあった。
人間の皮膚は、分布が異なる機能を持つ4種類のT細胞グループによって保護されている。今後の診断や治療のヒントを提供しそうだ。
               
            
記事の内容は、皮膚上では、外敵に対して予防的な意味合いを持つ「メモリーT細胞」が存在し、再度の同じ外敵に対応している、ということでしたが、これは、アトピー性皮膚炎の問題として大きな意味合いを持つ感染症にも関わっているのではないでしょうか?
アトピー性皮膚炎の方が、このメモリーT細胞を何らかの理由で失っている、ということがあれば、90%以上のアトピー性皮膚炎の方が何らかの感染症に罹患している、ということも説明がつきます。
ぜひ、メモリーT細胞に影響を与える因子が何なのか、研究が進んで欲しいところです。

                          
おまけ★★★★東のつぶやき

免疫の仕組みは、まだ解明がされたわけではありません。
部分的なところが分かっていて、それをつなぎ合わせて全体像を浮かび上がらせようとしている段階と言えるでしょう。
これから、新たな発見があることで、これまでつなぎ合わせることができなかった部分が繋がれば、治療や予防の面で役立つ情報が生まれてくるかもしれませんね。