蜂が巣に戻らない原因は?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
アトピー性皮膚炎の症状、あるいは発症の原因に、環境内の化学物質が関与していることは研究者からも、いろいろと報告があります。
今回、直接、アトピー性皮膚炎とは関係ありませんが、少し気になる記事を見つけましたので、紹介したいと思います。
       
        
●<蜂群崩壊症候群>働きバチ巣に帰らず 三浦半島で大量発生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00000093-mai-soci
          
神奈川県の三浦半島で飼育されているミツバチの間で、働きバチが大量にいなくなる「蜂群崩壊症候群(CCD)」と呼ばれる現象が相次いで発生している。三浦半島では、東京・銀座や横浜市など都市部のビル屋上での養蜂が話題になった影響で、専門家以外にも飼育が広がったが、2013年は100群以上が消滅。関係者から対策を求める声が出ている。
        
CCDは女王バチや幼虫を巣箱に残したまま、働きバチが戻ってこなくなる現象。稲や果樹などの害虫防除に使われるネオニコチノイド系農薬(殺虫剤)やウイルス、ダニなどさまざまな原因が指摘されているが、特定はされていない。
県畜産課によると、CCDについては国の指示で昨年5月以降、調査を開始した。それ以前は被害状況が不明だが、同課が把握している限りでは発生は三浦半島に集中しており、昨年7月には三浦市の養蜂場の1カ所で計13群のうち4群が失われた。同8~9月には横須賀市と葉山町の計6カ所133群でミツバチがいなくなり、うち98群は全滅。今年も同時期に両市町の3カ所で計44群のミツバチが巣に帰らなかったという。
鎌倉市津西のアマチュア養蜂家、山口稔さん(72)は、テレビで銀座の養蜂を見て「買ってきた蜂蜜ではない新鮮な蜜を味わいたい」と一念発起。2年前に自宅の屋上でミツバチを飼い始めた。ところが昨夏は2群、約4万匹が失踪し、今年は8~9月末にかけ、3群計約10万匹のうち3万匹以上がいなくなった。「せっかく育てているのに残念でならない。なんとか対策を取ってほしい」と話した。
同課などによると、県内では今年1月時点で、養蜂家218戸が1397群を飼育している。5年前と比べ、養蜂家は49戸増えたものの飼育数は277群減った。三浦半島でCCDが発生したことが影響したという。
CCDは00年代から欧米などでも確認されている。欧州連合(EU)ではネオニコチノイド系農薬3種がCCDに影響している可能性があるとして使用を制限したが、農林水産省は「水田のカメムシ防除に有効」として使用制限には踏み切らず、水稲農家と養蜂家の情報共有の徹底などを都道府県に指導するにとどまっている。
葉山町で養蜂園を営む県養蜂組合三浦支部支部長、石井勉さん(64)も、農薬散布が影響していると推測している。同町では夏になると海からの南風が田畑を通過し、養蜂場まで流れ込む。「風が農薬を運ぶのでは」と考えた石井さんは、被害を訴えた支部員の巣箱を、夏の一時期、南風が当たらない場所に避難させたところ、絶大な効果があったという。
石井さんは「ミツバチが巣に帰る能力を失ってしまうということは異常で、人間にも何らかの影響が出るかも。原因と断定できないにしても、国が農薬を抑えたり別の農薬に変えたりするなどの対策を取ってほしい」と話している。
          
          
記事にある蜂が巣に戻らなくなった原因が、田畑での農薬散布にあると確認されたわけではありませんが、海風が当たらない場所に巣箱を移動させることで絶大な効果があった、という部分を見る限り、何らかの因果関係は否定できないように思います。
実際、外国では影響がある、ということで使用が禁止されている農薬を日本ではまだ使用している現状もあります。

今回は、ミツバチの話ですが、化学物質に対して一つ考えなければならないのは、化学物質とアレルギー症状の関係です。
化学物質は、一般的に、その量が微量なほどアレルギー症状が出やすいことが分かっています。逆に量が多くなると、アレルギー症状がなくなり、今度は中毒症状に変わってきます。
ミツバチへの影響とヒトへの影響を一緒にすることはできませんが、こうした環境内で気づかずにいる「要因」は、あちこちに潜んでいるのかもしれません。
特に、ヒトが一日に摂取する化学物質の8割が呼吸器からとなります。
一般的には、無農薬、無添加の食品を食べることが大切、と言われるようですが、食物内の化学物質を全て取り除いても、一日に影響を受ける化学物質の2割しか軽減できていない、ということになります。

農薬を使用することは、安定した食料供給に欠かせないのは事実です。
しかし、「便利な生活」が健康を害する面を持っているとするなら、考えなければならない一つの要因とも言えるのではないでしょうか?

                   
おまけ★★★★西のつぶやき

記事中では、「日本では水田のカメムシ除去に有効」として使用しているようだが、ミツバチは、受粉という大きな役割を担っている。
もし、こうした作物を安定供給するために使用している農薬が、ミツバチを全滅させるようなことが起これば、その影響は作物が育たない、ということで返ることもあり得るのだ。
「今」が大切なのか、「将来」も大切なのか、難しい問題だが、考えていく必要はあるだろう。