ステロイド剤が抱える問題点を間違えないこと(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

                   
今日は、昨日の続きです。
現在の医師が考えるステロイド剤の副作用について、どのような問題点があるのか、昨日は三つほど列記しましたが、今日は、一つずつ見ていきましょう。
          
         
・ステロイド剤の問題点を、薬物が持つ副作用として考えていること
             
昨日の記事では、「ステロイドに抵抗感をもつ患者さんの中には、外用薬の副作用として全身の副作用を混同している場合があるのです。」と書かれていますが、この認識を持つ皮膚科医はかなり多いと思われます。
このステロイド剤の外用と内服の副作用の部分を混同している、という部分は確かにその通りなのですが、問題は、ステロイド剤が抱える副作用の問題は、薬物が持つ直接の副作用、と考えているところにあります。

ステロイド剤が抱えるもっとも大きな問題点は、「皮膚の感染症」です。
ネイチャーに昨年投稿された論文では、アトピー性皮膚炎の90%以上の方が黄色ブドウ球菌の感染症に罹患していること、そして黄色ブドウ球菌が出すデルタ毒素が、肥満細胞から脱顆粒させることで症状を悪化、さらにデルタ毒素はIgEも産生、増強させるため、本来、IgEが高くない人でもその量を増やすことで症状が現れることがある、簡単にいえば、アトピー性皮膚炎発症の原因になりえる、ということです。

ステロイド剤は免疫を抑制する薬剤です。
局所的副作用、全身的副作用のいずれにも書かれている「感染症にかかりやすくなる」という部分が、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因であり、同時に、これがリバウンドなどの悪化した状態の多くを占めているため、治療が困難になることがある、ということです。
        
         
・ステロイド剤が薬剤として持つ副作用は、使用を中断することで回復するが、ステロイド剤により影響を受けた機能の回復は他の要因の影響を受ける
          
ステロイド剤が薬剤として持つ副作用は、外用として使用する場合、短期の使用でその影響を受けるリスクは低いと言えます。また、長期連用した場合、副作用の影響を受けても、その影響自体は、薬剤を使用していることで起きる影響ですから、当然のことながら使用を中断することで回復の方向に向かいます。
しかし、ステロイド剤の使用により影響を受ける「機能」は、使用中断で常にすぐに回復に向かう機能ばかりではありません。
例えば、ステロイド剤を外用で使用した場合、皮膚の受容体により吸収され効果と副作用をもたらしますが、この受容体は連用を続けることで失われることがエビデンスで明らかにされています。
また、吸収されたステロイド剤の一部は組織に残留したりすることで、その影響を長期間にわたり及ぼすことも証明されています。
特に、最初の項目で上げた「免疫を抑制する」ことで感染症に罹患した場合、その感染症から回復するためには、皮膚のバリア機能が保たれる、皮膚の免疫力が正常に働く、などの条件が必要になり、掻き壊しを伴っている場合には、その回復が容易に行われる、とは限りません。
このように、ステロイド剤により影響を受けた体のさまざまな機能の一部は、その回復までに一定の時間を要したり、あるいは他の要因の影響を受けることがあるのです。
         
         
・専門医の使用方法でも、アトピー性皮膚炎に対するマイナスの影響を避けることは難しい
             
専門医がこうした、ステロイド剤の薬剤としての副作用に着目して使用を行う限り、使用することによる副産物的なマイナス面(免疫を抑制することで感染症に罹りやすくなる、など)に対して注意深く経過観察を行うことは少ないと言えます。
実際、ステロイド剤の使用中に、定期的に皮膚の感染症について検査を受けるケースはまずないといってよいでしょう。
無論、こうした感染症の検査が保険適用の範疇にない、という問題があるのも確かですが、かといって、感染症に対するリスクを重視していない限り、感染症による問題点にも目を向けていないことになります。
         
      
皮膚に生じた炎症は、確かに免疫を抑制する薬剤により軽減させることが可能です。
しかし、炎症が軽減している裏側では、皮膚に生じた感染症そのものは免疫が抑制されていることで逆に悪化することもあり得ます。やっかいなことに、感染症により生じる炎症は、ステロイド剤の効果で抑えることが可能ですから、皮膚表面は落ち着いた状態を保っていても、黄色ブドウ球菌が定着した状態は解消できていない、というケースもあるのです。

明日は、今回のまとめを行いましょう。

                 
おまけ★★★★西のつぶやき

ステロイド剤が持つ、免疫を抑制することで生じるマイナスの影響は、海外論文では比較的多くあるのだが、そうしたステロイド剤治療にとって「マイナス」の論文は無視されることが多い。
自分にとって都合がよい論文だけ選ぶことは、治療する側にとってメリットなのかもしれないが、治療を受ける患者側にとってのメリットと一致しないことがあることを忘れてはいけないだろう。