【閑話休題】味覚が認識できない?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は、アトピー性皮膚炎とは関係ないけど、Webで見つけた記事を紹介します。
          
        
●30%余の子ども 味覚認識できず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141020/k10015526681000.html
       
「甘み」や「苦み」などの味覚について、およそ350人の子どもを対象に東京医科歯科大学の研究グループが調べたところ、基本となる4つの味覚のいずれかを認識できなかった子どもが全体の30%余りを占めたことが分かりました。
研究グループは味覚の低下は食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがあるとして、子どもたちの味覚を育てることが必要だと話しています。
         
調査を行ったのは、東京医科歯科大学の植野正之准教授の研究グループです。
研究グループは、おととし、埼玉県内の小学1年生から中学3年生までの349人を対象に「甘み」や「苦み」など基本となる4つの味覚を認識できるかどうか調査を行いました。
その結果、「酸味」を認識できなかった子どもは全体の21%で、「塩味」は14%、「甘味」と「苦み」については6%の子どもが分からないと答えました。
また、いずれかの味覚を認識できなかった子どもは107人と全体の31%を占めました。
研究グループによりますと、味覚を認識できなかった子どもはジュースを毎日飲んでいたり、野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む傾向も見られたということです。調査を行った東京医科歯科大学の植野准教授は、原因ははっきりしないものの味の濃いものを好むことが味覚の低下につながっている可能性もあるとしたうえで、「味覚が認識できなくなるとさらに味の濃い食品を好んだり食事の量が増えたりするため、食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがある。子どものたちの味覚を育てることが必要だ」と話しています。
          
            
子どもの味覚が低下している、っていうのは、目に見えない出来事だけど、これが進むのは、将来の健康に良くないと考えられるよね。
特に、その原因が「味覚を認識できなかった子どもはジュースを毎日飲んでいたり、野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む傾向も見られたということです。」というところにあるなら、「味覚が低下している」こと自体が、生体が示す危険信号の一つとも考えられるからね。
毎日の食事の内容に気をつけた方がいい警鐘のように思うんだけど・・・・

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

こうした記事は、子どもを対象に調査されたものじゃが、成人も注意が必要な内容じゃ。
なぜなら、成人の場合、こうした食品の摂取が多くても「味覚の低下」が明らかに見られないかもしれないからじゃ。
体にとって負荷のある食品の摂取を、体に対してリスクがあることを「知らしめれる」子どもの方が、そのことに気づけば、長い目で見ると、メリットがあるからの。
アレルギーも「警告信号」的な要素を持っている面があるが、同じようなことが言えるじゃろうの。