抗生物質の弊害と警告とは?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             
私たちは、病気にかかった場合、適切な薬剤で対処することが多いと思います。
ですが、それらの薬剤は、今の状態には効果的に働いても、将来を考えた場合、一定のリスクを生じることがあります。
            
             
●抗生物質効かないスーパー淋病 日本の風俗店の女性から発見
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140522-00000021-pseven-life
        
世界保健機関(WHO)がいま、世界的な蔓延を警告する病気、それが「淋病」である。
「終末論的な幻想ではないが、一般的な感染症や軽傷が致死的となるポスト抗生物質時代が21世紀に到来する可能性は非常に高い」
「抗生物質の開発や生産、処方の方法を変えなければ、世界は公衆衛生の実現手段を失い、その影響は壊滅的になる」
WHOのケイジ・フクダ事務局長補は記者会見でこう述べた。
「終末論的な幻想」「影響は壊滅的」……およそ国連機関の幹部の言葉とは思えないおどろおどろしい文言だが、それが大げさではない状況にある。
この4月30日に発表された「抗菌薬耐性:2014年世界報告」は254ページにわたり、従来の抗生物質では死滅しない「超強力な細菌(スーパーバグ)」に関する調査結果や医療の状況などについて報告した。それによれば、世界の国々で抗生物質が効かない耐性を持った黄色ブドウ球菌や大腸菌などが出現し、警告レベルに達しているという。
いままで抗生剤を飲んでいれば治っていた結核、大腸炎、肺炎などの感染症が“不治の病”に逆戻りする。江戸時代のコレラの大流行を描いたTVドラマ『JIN―仁―』(TBS系)のように、150年前と同じ深刻な状況が再び訪れる可能性があるのだ。
淋病研究の権威で、元・産業医科大副学長の松本哲朗氏(現・北九州市役所保健福祉局医務監)はいう。
「淋病に抗生物質が効かなくなりつつあります。最初はペニシリンが効かない耐性菌ができ、それ以降、さまざまな抗生物質が開発されては効かなくなった。日本においてセフィキシムは、決められている投与量では効く人と効かない人が半々という状況なので、現在は注射剤のセフトリアキソンという抗生剤が主に使われています。
しかし、このセフトリアキソンも、4年前に日本で完全に耐性をもつ菌が発見され、世界の医療関係者に衝撃が走ったのです」
「最後の切り札」ともいえるセフトリアキソンにも耐性をもつ「スーパー淋病」がすでに誕生しているのである。しかも、世界で初めてこのスーパー淋病が発見されたのは日本だった。
その耐性菌を発見したのが、保科医院(京都市)の保科眞二医師である。
「京都市内のファッションヘルスに勤める女性(当時31歳)の定期検診で、咽が淋菌に感染していることがわかり、セフトリアキソンを投与したところ、菌が消えなかったのです。
それで菌を採取したのち、もう一度、投与したところ、菌が消えた。ただ、咽頭淋菌は、当医院の調査によると25%は自然になくなっていくので、抗生剤が効いたのか、自然になくなったのかは定かではありません」
採取した淋菌を解析したところ、セフトリアキソンに対する非常に強い耐性をもっていることが判明したのだ。世界にショックを与えた、スーパー淋病発見の瞬間である。
日本で確認されているスーパー淋病の事例は、今のところ京都の1件のみだが、海外ではヨーロッパとオーストラリアで発見され、増加しつつある。もちろん、日本は1件だけだから安心だとはいえない。
「女性の場合、症状が出にくいので、他で耐性菌が生まれ、感染に気づかないままもっている人がいるという可能性は考えられます。それが広がらないかどうか、心配されるところです」
松本氏はそう警告する。海外で性的な接触をした人が日本に持ち込んでしまったり、海外の保菌者が日本に旅行に来て持ち込む可能性も十分にあるのだ。
スーパー淋病に効く新たな抗生物質の開発が望まれるが、「今のところ、セフトリアキソンにかわる有効で使いやすい抗生剤は存在しない。製薬会社や国の研究機関も含めて、新しい抗生物質の開発スピードが鈍っているというのが厳しい現実」(松本氏)だという。
耐性菌と新薬のイタチごっこはこれまでずっと続いてきたが、いよいよ限界。そのためWHOも異例の警告に踏み切ったのだ。
            
             
耐性菌の問題は、あまり表だって報道されることはありませんが、実は深刻な問題となりつつあります。
例えば、結核という病気は、過去の病気、と捉えている方も多いようですが、平成24年度で新たな発症患者は21,000人発生している「現在進行形」の感染症です。
この結核菌に対する多剤耐性菌の問題も今、大きな問題となっています。
なぜなら、毎年、結核で亡くなる方は約2,000人で、この数字は、インフルエンザによる死亡数の約3倍ほどにあたるからです。
もし多剤耐性の結核菌が蔓延した場合、治療法が今のところありませんので、感染率を考えると大変なことと言えるでしょう。
アトピー性皮膚炎の場合も身近な耐性菌の問題があります。
黄色ブドウ球菌の感染症は、アトピー性皮膚炎の方に多い感染症ですが、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)による院内感染の問題は、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
これらの耐性菌は、「薬剤を使用すること」で発生します。
薬剤は今の私たちになくてはならないものとなっていますが、一方で、大げさにいえば人類存亡につながるリスクもわずかながら抱えているといってよいでしょう。
今、こうした状況にあることは覚えておきましょう。

                                
おまけ★★★★博士のつぶやき

病気=薬、という図式をイメージする方は多いが、実際には、薬剤の働きは基本的に「補助」になる。
主役は自分の治癒力、ということじゃな。
耐性菌の問題から、補助を生かすも殺すも、それを使う我々次第、ということは考えておくべきじゃろうの。