ゴールデンウィークの対策とは?(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 
さて、早いところでは昨日からゴールデンウィークのお休みに入ったところもあると思います。
旅行やイベントの予定を計画している方も多いと思いますが、お肌のコンディションには注意をして欲しいと思います。
アトピー性皮膚炎の方が気をつけたい生活面とスキンケアについて述べます。

                         

●睡眠

年末に年末年始で気をつけたいことをブログで書きましたが、ゴールデンウィークの場合、年末年始と違い、夜更かしするイベントは多くないと思います。テレビも深夜の特番が多くなるわけでもないでしょう。
ただ、それでも長期のお休みとなっている方の場合、どうしても夜更かし気味になることがあるかもしれません。
連日、夜更かしする生活が続くことは、症状が悪化気味の方はもちろん、調子が良い状態の方でも、悪化のきっかけになることがあります。
少なくとも、連日、夜更かしが続くことがないように注意しましょう。
また、急に気温が上昇すると、就寝時の寝汗対策も必要になることがありますから忘れないようにしましょう。

               
●食事

年末年始よりも、食事の内容が大きく変化することは少ないと思いますから、それほど意識することはないでしょう。
普段の食事のバランスを保つようにしましょう。

                      
●運動

外に出かける機会が増えれば、自然と代謝も増えることになります。
新緑が映える時期でもあるので、外出の予定がある方はしっかり楽しむようにしましょう。

                           
●汗対策

外での行動が増えると、汗をかく機会も増えてくると思います。
アトピー性皮膚炎の方にとって、汗はメリットもデメリットも両方を抱えていますので、しっかり汗をかいて、しっかり汗対策をする、という基本を忘れないように注意しましょう。
外出の際、冷たいおしぼりを水筒などに数本入れて持ち歩くのも良い方法です。
汗をかいた部位を、冷たいおしぼりでぬぐうことで汗を拭きとるだけでなく制汗対策にもなります。

                                
●紫外線対策

紫外線についても、強くなってくる季節です。
対策を忘れて長時間の外出で日焼けして症状が悪化した、というご相談は、ゴールデンウィーク明けに毎年、必ずあります。
UVケアや物理的なケア(衣服など)で対策を行うようにしましょう。

                         
明日は、スキンケアについて書きたいと思います。

                
おまけ★★★★南のつぶやき

GW期間中に、海外に旅行される方もおられると思います。
特に気をつけて欲しいのは「時差」です。
「時差ボケ」という言葉があるように、時差の影響は現れやすいため、睡眠時間の確保を特に意識するようにしましょう。