ヘルペスの対処とは?

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

               
さて、少しずつ気温も上がってきて、日中、晴れていると汗ばむ陽気の日もあります。
汗の対策は、これから大切になってきますが、同時に梅雨~夏にかけて増えてくるのが感染症です。
アトピー性皮膚炎の方を調査すると、黄色ブドウ球菌とヘルペスの感染症が最も多くなる統計がありますが、ステロイド剤やプロトピック軟膏を使っている方は、感染症に対して弱くなりやすく、特にヘルペスには注意が必要です。

ヘルペスは、所見上、水泡状のブツブツから始まることが多いようです。
単純性ヘルペスウィルスによる感染症ですが、本来、どこにでも存在しているウィルスですので、皮膚の防御能力がしっかりしていれば、発症する心配はあまりありません。
でも、皮膚の掻き壊しが多かったり、ステロイド剤やプロトピック軟膏など免疫抑制作用が強い薬剤を使用している場合には、発症しやすい状況になります。

また、ヘルペスの場合、カポジ水痘様発疹症となることもあり、高熱が出る、痛みが強くなる、全身状態が悪化するなど、入院が必要になることもありますから、注意が必要でしょう。

まず、発病しないためのケアとしては、掻き壊しがある場合には、皮膚のバリア機能を高める「保護」のスキンケア、そして適度な洗浄が必要でしょう。
ただ、一般的な石けんやソープの場合、洗浄=皮膚の乾燥、というマイナス点を抱えますので、界面活性剤が含まれない洗浄剤を使用する、あるいは、洗浄後に保湿と保水のケアもしっかり行うように注意しましょう。

また、万一、発症したと思われる場合には、まず病院で診断いただきましょう。
注意点は、ヘルペスの場合、ウィルスが原因ですから、抗生物質は効きません。対応する薬剤は抗ウィルス剤となります。また、同じようなアトピー性皮膚炎の人がかかりやすい黄色ブドウ球菌の場合には、今度は細菌が原因ですから、抗ウィルス剤は効果がなく、抗生物質が必要になります。
感染症の場合、医師によっては初見のみにて判断することもあるようですが、このように原因が違えば対応する薬剤も異なってきますから、できるだけ検査を行って判断いただける医師に診てもらうようにした方が良いでしょう。

また、罹った場合のケアは、基本は保護のケアを重視します。リント布や包帯、チュビファーストなどで覆ってしまうことも良いでしょう。ただし、覆う場合には、汗もためこむことがありますので、汗のかぶれで状態を逆に悪化させることがありますから、通気性がよい素材を選ぶこと、そしてできるだけ短時間で替えるように気をつけましょう。

それと、感染症を最終的に「治してくれる」のは、薬剤ではなく、あくまで自らの治癒力(免疫力)になります。どのような薬剤であっても、そうした治癒力に対する最大限の協力はできますが、感染症そのものを直接、完全に治すことはできません。
そのため、感染症に罹ったら、自らの免疫力を下げるような生活は禁忌といえます。
特に睡眠はしっかり時間を確保できるようにしましょう。
夜にまとまった睡眠が取れづらい方は、質よりも量を優先した方が良い段階もあります。

こうした感染症は、アトピー性皮膚炎に対して、症状の悪化要因となりますから、これから増えてくる季節、しっかり注意していきましょう。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

ヘルペスが悪化した状態をカポジ水痘様発疹症と考える方もいるようですが、臨床上は、原因菌が同じでも、疾患そのものは別と考えた方が良いと言われています。
つまり、ヘルペスに罹って、その後、カポジに変化する、というよりも、いきなりヘルペスに罹る、カポジに罹る、という方が多い、と専門医は話していました。
ヘルペスかカポジなのかの判断は、やはり医師でないと難しい部分はありますから、自己判断で放置しないように注意しましょう。