春一番、乾燥と汗対策に注意を

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

                
昨日は、強風でテレビのニュースでは「春一番」だったようです。
まだ気温の上下はあるかと思いますが、少しずつ春の日が増えてくるのでしょう。

これまでスキンケアも、冬用の対策を行っていた方が多いと思いますが、そろそろ「春用」のスキンケアへの切り替えを考えていくようにしたいところです。
冬と春の季節、共通点もありますが、違う点も出てきます。

共通点としては「乾燥」でしょう。
春は、冬の乾燥時期とあまり大差なく乾燥の状態が続きます。
保水を意識して、お肌に与えた水分をお肌に保持するための保湿をしっかり行うようにして欲しいと思います。
違ってくる点としては「汗対策」です。
気温が上昇してくると、汗もかきやすくなりますが、季節の変わり目の時期、上手な対策が行えていないこともあるでしょう。
汗ばんだ状態を放置すると、かぶれなどからかゆみの原因となることがあります。
汗対策は少しずつ意識するようにすると良いでしょう。
もう一つが「紫外線対策」です。
冬の衣類は露出部位も少なく、紫外線の影響は大きく受けなかったものが、春になって露出部位も多くなって、さらに紫外線の量も増えてくることで、紫外線に過敏な方は、炎症を生じやすくなることがありますので注意しましょう。

あとは、何度かブログで他のスタッフも書いていますが、大気中の飛散物質の影響です。
花粉、黄砂、PM2.5など、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる恐れがある飛散物質は5月いっぱいまでは気を付けた方が良いでしょう。

このように、季節の変わり目を迎えていますので、冬対策から春対策に切り替えていくようにしていきましょう。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

スキンケアは、外的な環境に合わせて変化させることは大切です。
特に、春先は他の悪化要因も多いため、適切なスキンケアができていないと、お肌の状態を落としやすくなります。
スキンケアが上手くできていない、という方の中には、年中、同じスキンケアを行っている方がいますが、スキンケアとは、「お肌の補助」を行うことも大きな目的となりますから、お肌を取り巻く環境に合わせて変化させていくことは大切ですね。