ステロイド剤を使わない患者は悪者?(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日は、昨日の続きです。

昨日、述べたように、病気と症状は本質的な意味合いで別物であり、症状の治療が必ず病気の治療につながるとは限りません。
しかし、症状の治療にももちろん大切な意味合いがあります。

例えば、昨日、書いた「熱」なども、熱によって体力を奪われますから、熱を下げることで体力の低下を防ぎ、体がもつ他の治癒力を助ける、という意味合いがあります。
アトピー性皮膚炎の場合も、かゆみが強いと夜、眠れない、などの状況が生じることがありますが、かゆみを抑えることで睡眠がとれるようになれば、それは大きなメリットと言えるでしょう。もし、睡眠不足が原因となっているアトピー性皮膚炎の方の場合には、自分の体でアトピー性皮膚炎を「治していく」ための大きなキーポイントになります。
そうした点において考えると、症状を抑えることは、病気を治すことに間接的には役立つこともある、ということです。

ただし、症状を抑え続けている間、その治療によるマイナスの影響は続くことになりますから、抑える治療のメリットと薬剤が持つ副作用などのデメリットを上手く考えていかなければなりません。
特にステロイド剤のように、症状の治療は出来ても病気の治療ができない治療法の場合、症状は病気により「作り出されている」以上、病気が治らない限り、症状は出続けますから、必然的にステロイド剤の使用期間も長くなって、その結果、デメリットの方が大きくなることが問題と言えるでしょう。

特にステロイド剤には、サイトカインに対して働きかけ、IgEを増強させる働きも持っていることが分かっていますから(ガレクチン3の受容体とsIgE-B細胞の関係などで)、長期の使用によりアトピー性皮膚炎そのものの「反応」を強めることもあります。

ステロイド剤を使用しない患者が「悪い」のではなく、アトピー性皮膚炎を治したい、と考えている患者に、アトピー性皮膚炎を直接治す働きのない薬剤を一方的に押し付けている医師の方に問題を感じます。
もちろん、軽度のアトピー性皮膚炎の場合、短期のステロイド使用により治癒状態に至ることはありますが、それはステロイド剤の直接の働きではなく、症状をステロイド剤で抑えている間に、自分の体で原因となったアトピー性皮膚炎を治癒させたただけと言えます。
こうして考えると、「ステロイド剤を有効的に使用する方法」もあるわけですが、この使用できる範囲は、「全てのアトピー患者」ではないところに、ステロイド剤が抱える問題が生じていると言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎を治していくためには、「痒み」という「症状」の治療だけではなく、「アトピー性皮膚炎」という「病気」の治療も並行して行うことを忘れないように気をつけましょう。

                              

おまけ★★★★北のつぶやき

あとぴナビの電子版では、こうした皆様からの実際のご相談事例を紹介しながらどのように対応すればよいのかを、毎回、数例掲載しています。
自分に似た事例があれば、参考になるかと思いますので、ぜひ電子版あとぴナビをご覧ください。

●電子版あとぴナビの一覧です
http://www.atopinavi.com/eb/index.html