クレンジングは優しく手早く

東です。

 

 

 

 

 

                         
今日は、昨日の記事の続きに、お肌の乾燥が気になる時の洗顔方法が翌週に掲載されましたので、紹介したいと思います。

                                 

                         
●カサカサ肌を防ぐには(1)クレンジングは優しく手早く
(朝日新聞 2014年2月2日付)

カサカサお肌を予防するには、保湿成分の「セラミド」を保つためのケアが必要です。今回は、顔のお手入れ法について具体的にご紹介します。
まずは洗顔。お肌の乾燥が気になるときは、洗いすぎず、こすりすぎないよう心がけましょう。
特に、クレンジングには注意が必要です。使い方によっては、化粧を溶かして浮かせる界面活性剤が、肌の保湿成分も奪ってしまうからです。使うときは手短に。30~40秒くらいがよいでしょう。
メークの汚れは、洗顔用のせっけんでも落ちます。クレンジングとせっけんで「ダブル洗顔」する場合は、クレンジングで汚れの半分くらいを落とすつもりでいるといいと思います。
洗顔用せっけんは、手早く泡立てて。顔が卵だったらと想像して、割らないくらいの力で洗ってください。
洗顔の後は、保湿ケアを。年齢を重ねるとセラミドの生産量は減っていくので、外から補うようにします。保湿成分を含む美容液を、朝と晩に使うのがおすすめです。クリームなどの油分は、目元などポイントに使うとよいでしょう。
化粧品選びも気をつけてください。中には、リキッドファンデーションで肌荒れを起こす人もいます。ファンデーションを乳化させる成分が、肌の負担になる場合もあるのです。肌が荒れ気味のときは使用を避け、おしろいだけにするなどの方法がよいでしょう。
日中、肌が乾燥したときに化粧水などをスプレーする人がいますが、水分だけを与えても、時間がたつと蒸発しますし、一緒に肌の水分を奪うこともあります。日中、乾かないために、朝の保湿美容液をたっぷり使いましょう。
                            

                                       

化粧落としを行う場合、どうしても皮脂も落としてしまいます。
少しでも、お肌に優しく行うためには、記事にあるような方法は良いと思います。
具体的なやり方も図解で新聞に掲載されていましたので、イラストを手書きで書いてみました。

                                     

                                   
●40秒クレンジング法
①額、鼻にかけてのTゾーンにクレンジングをのせます。中指と薬指の腹で円を描きながら、軽くメークとなじませます

 

 

 

                      

                          

 

②ほおなどのUゾーンにクレンジングをのせます。Tゾーンと同様になじませます

 

 

 

 

                             

                             

③目元や口元、小鼻など、細かい部分のメークにもなじませ、最後に顔全体にさっと広げます

 

 

 

 

                                   

                                  

 

④ぬるま湯をすくった手に顔を近づけ、かけます。これを数回繰り返して、手早く洗い流します。手でこすらないようにしましょう

 

 

 

                                 

                               

                                       
コツは、こすらずに、できるだけ手早く行う、というところかと思います。
女性の方でお化粧をされている方は、ぜひ、ご参考下さい。

                                      
おまけ★★★★中田のつぶやき

化粧落としまで考えると化粧のアイテムによっては難しい場合がありますが、洗顔だけであれば、あとぴナビのアイテムではAPゼロ・ウォッシュがお勧めです。
界面活性剤を使用していませんので、皮脂を残して洗うことができますので、ぜひお試しください。