寒い日こそ、ぬるめの入浴を

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

                             
週末ごとに、天候が荒れ気味ですね。
雪も降って冷え込むような日は、お風呂での入浴が「心地よく」感じることと思います。
しかし、こうした寒い日が続くと、ご相談いただく中で、入浴の「問題点」が生じているケースが多々あります。

最も多い「問題点」は入浴温度です。
ヒトの体温は「血流」によって運ばれます。
「冷え」を手足の末端部位で感じやすいのは、体内の深部で作られた温度が血流が悪いために、末端部位まで「届けられていない」から生じます。
寒い時期、確かに、湯温を上げた方が「温まった」という感じは受けますが、皮膚の表面が赤くなるような入浴温度を、逆に体内の深部まで「届ける」ことは、生体にとってよくなく(40度以上の熱は内臓などにもダメージを与えるため)、表面の血管は拡張した状態でも体内の血流は逆に悪い状態を生んでいます。
また、角質層の水分を蒸散させて、気化熱により皮膚表面の熱を下げますから、皮膚表面の熱が高くなることで、お肌が乾燥しやすい状況になります。

アトピー性皮膚炎の方が、「なぜ入浴を行うと良いのか?」を考えた場合、免疫系からのアプローチでみると、自律神経と内分泌機能の正常化、ということにあります。
そういった観点から見ても、高い入浴温度はできるだけ避けて、39度ぐらいのぬるめに感じる温度で、じっくりと「温まる」ことが大切でしょう。
温熱効果が体に与える影響で重要なのは、「血流を良くする」ことにあります。
入浴温度に注意するようにしましょう。

また、入浴後の乾燥が気になる方は、お風呂から出る際に、蒸気がある浴室内である程度の「保湿」を行っておくようにしましょう。
その後、手早く体を拭いてから、リビングや部屋で、適切なケアをしっかりと行うようにしてみましょう。

冬は、寒さへの心地よさから見ても、夏と比べると、しっかり「入浴がしやすい季節」でもあります。
誤った入浴法に注意して、体に「良い影響」が蓄積できるように気をつけましょう。

                     
おまけ★★★★小田のつぶやき

九州HRCは温泉の宿泊施設ですので、入浴は全て「温泉」で行えます。
普通の水道水の入浴と比較すると、やはり温泉は含有している成分などもあって、温まりやすく、ぬるい温度でも、入浴後のポカポカ感の持続がとてもよくなります。
あとぴナビでも源泉や濃縮温泉など、温泉をお風呂で使えるアイテムがありますので、何らか温熱効果を高められる工夫は行ってみましょう。