「症状」が持つ意味合いとは?(2)

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

                               

昨日は、インフルエンザを例にとり、症状を抑えることで何らかの「弊害」が生じることがあることを述べました。
今日は、アトピー性皮膚炎の場合で考えてみたいと思います。

アトピー性皮膚炎の症状は、いうまでもなく「痒み」です。
もしも、アトピー性皮膚炎における免疫反応が炎症からかゆみを感じさせている、あるいは乾燥状態がかゆみを知覚する神経繊維を表皮内に侵入させているのではなく痛みを知覚する神経を拡張し、かゆみではなく痛みを感じさせていたなら、アトピー性皮膚炎という疾患そのものも、今のように拡散の一途、ということにはならなかったのではないでしょうか?
かゆみがあるからこそ、皮膚を「掻き壊す」ことで、新たなかゆみにつながる連鎖を生んできたわけです。

しかし、「最初にかゆみが生じた場合」、そのかゆみの発生には、生体において何らかの意味合いを持っていたと考えられます。
かゆみにより皮膚が掻き壊され二次的なかゆみにつながった以降のかゆみは、ダメージを連鎖的に与えますから問題がありますから別ですが、最初の段階では、かゆみが持つ働きは、何らかの異常状態が体に生じていることを示す警告信号であったり、皮膚に付着した異物をとりさるために生じていると言えます。

アトピー性皮膚炎だけでなく、アレルギー症状とは、一般的に体を害する目的で生じるのではなく、体を守る目的で働いている、と言えます。

例えば、そばを食べて皮膚に蕁麻疹が出れば、「そばを食べてはいけない」と考えます。もし蕁麻疹が出ていることを無視して、そばを食べ続ければ、アナフィラキシーショックが生じて生体に危険が及ぶこともあるでしょう。
あるいは、肝臓に疾患を持つ人がお酒を飲むと、皮膚にかゆみが生じることもありますが、これも「お酒を飲むことが肝臓機能を低下させている」という警告と言えます。
寝不足で目の周りに「くま」ができるのも、寝不足を知らせるために生じたアレルギー反応ですし、傷んだ食べ物を摂取して下痢や吐き気も、体内に摂取した異物を排泄するためのアレルギー反応です。
このように、アレルギーは生体を防御する役目があると言えるでしょう。

そして、アトピー性皮膚炎の場合も、同様に、生活内において反復継続して受けている影響が、やがて生体に大きなダメージとなることを警告していると考えられています。
睡眠不足が続いていれば、今は生体に大きなダメージがなくても、数年続けばやがて他の疾患を生じさせることがあるかもしれません。
運動不足が続けば、生活習慣病(高血圧や糖尿病など)の発生率は高くなるでしょう。
食事の偏りも同様ですし、ストレスが過多になった場合も同じです。

アトピー性皮膚炎は、こうした生体に生じた異常に対して「初期」の段階で、症状を現わすことで警告している、とも考えられるのです。
こう考えると、アトピー性皮膚炎がある方は、ない方と比較して、体を守る「防御力」は高いということが言えます。
実際、外国の研究ですが、アトピー性皮膚炎の既往症と6種類のガンとの関連を調べたものがあって、その結果、アトピー患者には膵臓ガン、神経膠腫(脳腫瘍の一種)、小児白血病にかかるリスクが少ない結果が報告されています。

アトピー性皮膚炎に対して用いられる「ステロイド剤」や「プロトピック軟膏」などの薬剤ですが、それらの薬剤が直接的に有効性を発揮するのは、アトピー性皮膚炎の症状である「かゆみ」に対してのみ、です。
しかし、かゆみを抑えることは警告信号を消しただけとも言え、警告信号を必要とした「体の状況」そのものを変えていなければ、再び体は警告信号を出そうとするでしょう。
警告信号を止めて、同時に警告信号を必要とした体の状況が改善されれば、もちろんアトピー性皮膚炎そのものが治った状態になりますが、例えば睡眠不足や運動不足が原因の場合、これまでの生活は異なった「行動」を自発的に行わなければなりません。
一時的に生じた簡単な原因で自然消滅していれば良いわけですが、そうでなかった場合、繰り返し症状が現れることもあります。

アトピー性皮膚炎の症状が持つ意味合い、そしてその意味するところを考え、「必要な対処」を行うことを忘れないようにすることは大切でしょう。

                             
おまけ★★★★博士のつぶやき

「病気」と「症状」を一般の人は、混同して捉えておることが多いが、本来、この二つは相反する位置にあるとも言える。病気が体に対する阻害を抱えた因子であるとすると、症状はその因子を解消させるための因子と言えるからじゃ。
もちろん症状を抑える治療が必要なケースはあるが、全ての症状を抑える治療が、病気の治療と等しいものでないことは知っておくべきじゃろうの。