アトピー性皮膚炎克服のために考えること。(2)

今日は、昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

               
アトピー性皮膚炎を慢性化させる、あるいは重症化させて治りにくくさせている中で、免疫抑制剤の治療が「新たな原因」となっておるケースについて書きたい。

アレルギー的な要因が関わるアトピー性皮膚炎の原因は、主に、IgE(免疫グロブリンE)が関与しておる。
このIgEは、主に3つの受容体を持っておるのじゃが、B細胞などとつながるガラクチン3と呼ばれる受容体は、サイトカイン(インターロイキン4)の影響を受け、B細胞をIgEとつながりやすいsIgE+B細胞に変えることで、連鎖的にIgEを増強する働きを持っておる。
ステロイド剤が、B細胞をsIgE-B細胞からsIgE+B細胞に変えやすい働きを示すことが研究で分かっておるのじゃ。

つまり、ステロイド剤を長期連用していくことで、アレルゲンなどとは関係なく、IgEが増強されることで、結果的にアレルギー反応を示す免疫機能を高めることにつながってくる、というわけじゃ。
基本的に、アトピー性皮膚炎の方の免疫機能は、アレルギーを示す免疫が高いことでおこるわけじゃが、その元をたどっていけば、本来、ヒトが持っておる「アレルギーを抑制する力」が低くなることで、相対的にそうしたアレルギーの免疫が高まっておるわけであって、そうした点から考えると、アトピー性皮膚炎の免疫機能の異常状態、とは、免疫機能が高すぎることで生じるのではなく、免疫機能のバランスを調整する力が「低い」ことから生じておるともいえるじゃろう。
ステロイド剤など、免疫を抑制する薬剤は、こうした体内における免疫機能の働きを低くすることで効果を生じるわけじゃから、余計にそうした免疫機能のバランスを調整する力も抑える傾向に向かうことになる。

同時に、免疫を抑制することで、皮膚の感染症に罹りやすい状況を生み出すことになり、感染症による炎症反応がさらに、アトピー性皮膚炎のかゆみを誘発し、症状が連鎖的に悪化することもある。

アトピー性皮膚炎の方が、ステロイド剤の中断後に、リバウンド症状が現れることがあるが、以前は、このリバウンド症状は体内における副腎皮質ホルモンが産生されない状況により生じるもの(ネガティブフィードバック)と考えられておった。
じゃが、軟膏塗布による内分泌への影響はさほど大きくはなく、デルモベートのような最強クラスのステロイド剤を大量に密封療法で使用した場合、あるいは服用や注射を長期間続けた場合でない限り、そうした内分泌の異常から生じるのではなく、一般的なリバウンド症状の多くは、「ステロイド剤の中断によるアトピー性皮膚炎の炎症反応が抑えられないことにより、掻き壊しからバリア機能を著しく低下させたもの」、そして「免疫抑制作用による皮膚の感染症の悪化」の二つが複合して現れておるものと考えられる。

医師は、こうしたリバウンド症状に対して、前者のアトピー性皮膚炎の悪化を中心に考えるため、再度、ステロイド剤の使用を治療として選択することが多いわけじゃが、感染症が併発しておる場合には、再度のステロイド剤使用により炎症反応は抑えられるが、感染症そのものは悪化するため、感染症の度合いが多ければ、症状が慢性化しやすくなる。
感染症の度合いが低ければ、またステロイド剤によるIgEの増強がさほど見られなければ、少しずつ段階を経て弱いステロイド剤に移行しながら、症状を抑えることも可能じゃが、そうしたケースばかりではなく、そのためにステロイド剤によるリバウンド症状の悪化状態に対する「誤解」が生じておるように思うの。

いずれにしても、アトピー性皮膚炎の治療において、初期段階ではステロイド剤は短期的に使用するのであればベネフィットも高いわけじゃが、症状が慢性化して感染症の症状がみられるようになると、リスクも高まるようになると言えるじゃろう。
このベネフィットとリスクとのバランスをどのように考えていくのかは、個々人によりステロイド剤の感受性も異なり(ステロイド剤の連用で、皮膚にあるステロイド剤を吸収するための受容体が減少することが研究により分かっておる)、一律に考えるのは難しい。
中には、安定的にステロイド剤を長期間使用できる方もおれば、比較的短期に、リスクが高まることで症状が悪化する方もいる。
薬剤の治療においては、メリット、デメリットの両方が存在すること、そして最大のベネフィット、最小のリスクで使える範疇は、個々人により異なることは考えておいた方が良いじゃろう。

少々長くなったので、続きは明日にしたいと思う。

                   
おまけ★★★★南のつぶやき

薬剤のリスクは、使用期間を重ねることで少しつず高まります。
そのため、ベネフィット(効果)をリスクより高めて使用する前提は、いかに短期間使用で留めるか、ということになります。
もちろん、反復継続して長期間使用できる薬剤のありますが、長期間使用できる=生体に対する反応が穏やか、であるからこそ、リスクを低く抑えられるわけです。
ステロイド剤のように、効果が強い薬剤はどうしても副反応も強くなりやすい傾向があります。
ステロイド剤を「どこまで使えるのか?」は、患者自身も考えていく必要があるかもしれません。