アトピー性皮膚炎克服のために考えること。(1)

今年も残りわずかとなったの。

 

 

 

 

 

 

                
今回は、アトピー性皮膚炎克服のために、何を考えていけば良いのかをまとめてみたいと思う。

アトピー性皮膚炎が、増加し始めてから、まだ20年ほどといってよいじゃろう。
それまでは、アトピー性皮膚炎は「子どもの病気で大人になれば治る」という認識があったようじゃ。
確かに、そうした傾向はあったようじゃが、ここ最近増えてきたことに、アトピー性皮膚炎の原因が潜んでいるように考えておる。

では、その原因とは何なのか?というと、一つは「生活環境」、そしてもう一つは「生活習慣」にあるのは確かじゃろう。
昔のアトピー性皮膚炎(子どもに多いと言われていた時期)は、基本的にアレルギー要因が強くあったように思う。
アトピー性皮膚炎の原因は、これまでブログで書いてきたように「皮膚機能の異常状態」と「免疫機能の異常状態」の二つがある。
子どもの場合、その中で「免疫機能の異常状態」が強く見られておったのではないじゃろうか?
もちろん、昔から「皮膚機能の異常状態」という要因がなかったわけではないが、その比率は低かったように感じる。

今のアトピー性皮膚炎は、「皮膚機能の異常状態」と「免疫機能の異常状態」の二つが絡み合って発症しておることが多く、そしてこの両者が絡み合ったアトピー性皮膚炎は「治りにくい」とも言えるのではないじゃろうか?
なぜなら、皮膚機能の異常状態に対する「対応策」と「免疫機能の異常状態」に対する「対応策」は異なるにも関わらず、昔から行われてきた基本的な治療方針、つまりステロイド剤やプロトピック軟膏など、免疫抑制作用を有する薬剤による治療が今も行われておるからじゃ。

免疫機能を抑制することで、「アレルギー的な要因」から生じておるアトピー性皮膚炎の症状は、確かに解消できる。
じゃが、薬剤の基材となっておる軟膏やクリームが、保湿効果を持っておることで、皮膚機能の異常状態にも一部対応はできておるが、基本的に、生活環境の悪化から生じておる皮膚機能の異常状態=角質層の水分保持力の低下&バリア機能の低下に対しては、十分なケアができてはおらん。
なぜなら、特に軟膏の場合だと、水分を含んでおらんために、角質層に水分を与え、それを保持させ、かゆみを知覚する神経線維が角質層内に侵入してくることを防ぐことが十分に対応ができないからじゃ。

そのため、二つの原因が複合的に絡んでおるアトピー性皮膚炎の場合だと、一方の原因からくるかゆみは薬剤によりコントロールできても、もう一方の原因からくるかゆみの対応が十分でなく、そのために薬剤を使用しながらも、かゆみが繰り返し生じやすくなる。
同時に、免疫を抑制する働きも、免疫の異常状態をもたらした原因を解消しておるのではなく、免疫の異常状態から生じた「結果」である部分に対してのものに過ぎんから、元の原因が解消されない限り、薬剤による抑制効果が時間と共に薄れれば、「原因」から「結果」が生まれる、つまりかゆみが繰り返し生じてくることもある。

このように繰り返し生じるかゆみに、常に免疫抑制効果を持つ薬剤で治療を継続してくると、少しずつ、「免疫抑制効果」が持つリスクを皮膚が受けることになる。
大きく分けると、このリスクは、「感染症にかかりやすくなること」「IgEを増加させること」の二つがあるが、このリスクが高まることで、アトピー性皮膚炎の症状は薬剤を使用ながら悪化することにもつながってくる。

本来、アトピー性皮膚炎は発症した「初期段階」は、「軽症」の疾患として現れることが多い。仮に、「重症」の症状から発症したとしても、急性の疾患となるから、原因は単発的なことが多く、いきなり慢性化することなく、元の原因が解消されれば、症状も消退するといえる。
つまり、アトピー性皮膚炎が慢性化、そして重症化して治りにくくなるケースは、「原因が解消されていない」場合と、その後の治療で「新たな原因を生みだした」場合とも言えるのじゃ。

そして、後者の「新たな原因を生みだした」原因の一つとして、免疫抑制作用を持つ薬剤の長期連用が関係してくることになる。

続きは明日じゃ。

                 
おまけ★★★★大田のつぶやき

現在、行われているアトピー性皮膚炎の治療は、免疫機能に対する炎症に対応する目的で行われています。そのため、免疫抑制作用を持つ、ステロイド剤やプロトピック軟膏が使われることになります。
アトピー性皮膚炎が発症する、あるいは症状が悪化する要因は、免疫機能に限るわけではなく、免疫機能以外の原因に対処ができていないことが、アトピー性皮膚炎を治りにくくさせている大きな要因と言えるでしょう。