アトピーと思われたくない?

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

                    
先日、あとぴナビで、手作りマーケットのイベントに参加してきました。
ブースで、ミニサイズや情報誌の無料プレゼントを行ったのですが、一部、アトピーのご相談などもお受けいたしました。

その中で、ふと思ったことなのですが、ご相談されてきた方の一部の方は、ご自身(あるいはご家族の方)がアトピー性皮膚炎だという認識はお持ちでも、お話の中ではアトピー性皮膚炎ではなく、「肌荒れ」「少し痒いときがある」という話され方をしておられました。
その後、お話をお聞きしていくと、ステロイド剤やプロトピック軟膏を病院から処方されていて、最後は、「実は、数年アトピーで・・・」というお話になりました。

最近、こうした「アトピー性皮膚炎でも、アトピー性皮膚炎だと思われたくない」と無意識のうちに思っている方が、多くなってきたように思います。
昔は、アトピー性皮膚炎に対する理解が十分でなかったり、偏見などもあり、周囲からの辛い思いをされた方も多くおられましたが、アトピー性皮膚炎患者が増加するにつれ、一般の方が「アトピー性皮膚炎」という言葉に接する機会も増えたせいか、そうした傾向は減少したように思っていました。
でも、実際には、「アトピーと思われたくない」つまり「アトピーであることを隠したい」と考えている方は、少しずつ増えてきているのかもしれません。

一度、機会があれば、アンケートなどでそうしたアトピー性皮膚炎に対する意識調査なども行ってみたいと思いますが、一つ注意しなければならないとすると、「治療の方向性」を見失うことがあるかもしれない、ということです。
アトピー性皮膚炎の治療は、今のところ病院においては、薬物治療が多くなりますが、最近の病院は副作用の影響が少なくなるように気を付けているところも多くなっていると思います。

でも、アトピー性皮膚炎という認識が薄いと、薬局などで「かゆみ止め」を買ってきて、それがステロイド剤だと知らずに、気が付くとステロイド剤の長期連用を行っていた、ということも考えられますし、実際に、そうした例もあります。
また、アトピー性皮膚炎の場合、アトピー性皮膚炎を「必要」とした生活内の原因の解消などを考えていく必要がありますが、そうした意識もない場合、負荷となった生活や生活環境の改善が行えず、症状が繰り返すことで、薬物の使用が連続していく、という場合もあります。

私たちが書いているスタッフブログを読んでいただいている方は、そうした意識をお持ちの方だと思いますが、もし周囲に、アトピー性皮膚炎なのに意識していない方がおられた場合には、注意を促すなど、適切な治療や対処行動が行えるように助言してあげることが必要なこともあるかもしれません。

アトピー性皮膚炎は、どうしても皮膚に主たる症状が現れますから、人目が気になることも多いと思います。
でも、アトピー性皮膚炎は、誰しもが「発症」しうる疾患です。
発症する「閾値」が環境に依存しているところが多く、花粉症のように、今後、さらに増加することもあり得ます。
さらに、アトピー性皮膚炎の症状がある方は、環境、あるいは生活内の負荷に対して敏感に反応している、という一面もあり、そうした側面から考えると、健康を守るための警告信号が出せる状況にあるとも言えます。
もちろん、過剰な部分として現れていることが多いわけですから、症状が出ない生活を構築することが優先されることは言うまでもありません。

でも、アトピー性皮膚炎という疾患を抱えていることは、決して他の方に劣っている部分ではありませんし、花粉症の人が、偏見で辛い思いをすることが少ないのと同じ状況にこれからはなっていくと思います。
「まっすぐ」にアトピー性皮膚炎に向き合うことも、大切な面があることを考えるようにしましょう。

                 
おまけ★★★★博士のつぶやき

正しい認識を行うことが、正しい治療、そして正しいケアにつながるので、アトピー性皮膚炎と「向き合う」ことは大切なことじゃな。
それと同時に、行う治療やケアについて、「自分に合った方法なのか?」を考えることも大切な要因一つになることを忘れないようにして欲しいと思うの。