免疫を抑制する樹状細胞のはたらき

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                 
少し前になりますが、東京医科歯科大から、免疫を抑制する樹状細胞の新しい働きについての研究結果が、プレス発表されていましたので、紹介したいと思います。

                       
●過剰な免疫反応を抑制する新たな樹状細胞のはたらきを発見
~感染症や自己免疫疾患治療に新たな視点~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130913/

                                          
JST 課題達成型基礎研究の一環として、東京医科歯科大学 難治疾患研究所の樗木(オオテキ) 俊聡 教授らは、秋田大学 大学院医学系研究科の澤田 賢一 教授らとの共同研究により、樹状細胞(DC:Dendritic Cell)注1)による血球貪食注2)が、過剰な免疫反応を抑制する仕組みであることを新たに発見しました。

ヒト血球貪食症候群(HPS:Hemophagocytic Syndrome)注3)は、先天的な遺伝子異常によって発症するもの(一次性)と、感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍などの疾患にともなって発症するもの(二次性)に分類されます。免疫細胞が暴走し、大量のサイトカイン注4)の産生や貪食細胞による赤血球や白血球の貪食を特徴とし、重篤な場合には死に至ります。

本研究グループは、マウス血球貪食症候群モデルを用いて、今回新たにDCによる血球貪食が、過剰な免疫反応を抑制する仕組みであることを発見しました。DCは、正常な状態では従来型DC注5)と形質細胞様DC注6)に分類されますが、炎症状態では、さらに単球注7)から誘導されるDCが存在することが知られています。激しい炎症や重篤な感染症の際、この単球由来のDCが主にアポトーシスを起こした赤血球系細胞を貪食することによって、免疫抑制性サイトカインを産生して過剰な免疫反応による組織傷害を抑制し、個体の死を回避することを見いだしました。

本研究成果は、これまで激しい炎症の指標として位置づけられてきた血球貪食が、新たな免疫寛容注8)機構としての機能を持つことを明らかにした重要な発見です。今後、本研究成果に基づき、免疫細胞の暴走など過剰な免疫反応を伴う感染症・自己免疫疾患に対する新たな診断法・治療法の開発が進むものと期待されます。

本研究成果は、2013年9月12日(米国東部時間)に米国科学誌「Immunity」のオンライン速報版で公開されます。

                                             
発表内容は図解入りで詳しく掲載されていますので、興味のある方は、上記のリンク先でご覧ください。
研究結果のポイントは、簡単にいうと、樹状細胞による血球貪食が過剰な免疫反応を抑制することが発見され、これが自己免疫疾患などの診断や治療への応用が期待できるのでは、ということです。

直接、アトピー性皮膚炎の免疫反応に関わる部分の研究ではありませんが、アトピー性皮膚炎も、IgE産生メカニズム内においては、サイトカイン(IL-4など)が関与していますので、関連する研究の中で、何かが判明するかもしれません。

アトピー性皮膚炎の場合、このサイトカインによる「バランス」の異常が関係していることが考えられている部分もあり、こうした免疫機能に関わる研究には期待したいところです。

                        
おまけ★★★★東のつぶやき

リンク先の記事をご覧いただくと「研究の内容」のところに「興味深いことに、単球由来DCは血球を貪食すると、血清中にIL-10やTGF-βといった免疫抑制性サイトカインを産生しました」とあります。
TGF-βは、アトピー性皮膚炎にも関わる因子の一つですから、この部分の働きが明確になることは、アトピー性皮膚炎に対する研究にもプラスになるかもしれませんね。