ビタミンDと日光浴の話

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       
アトピー性皮膚炎の方が気にしたいビタミンにビタミンDがあります。
このビタミンDは、主に日光を受け体内で作られますが、一定の量が作られるのに必要な日光を浴びる時間に、地域差が大きいことをご存じでしょうか?
              
              
●体内で必要とするビタミンD生成に要する日照時間の推定
~札幌の冬季にはつくばの3倍以上の日光浴が必要~
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2013/20130830/20130830.html
              
国立環境研究所と東京家政大学の研究チームは、このほど健康な生活を送るのに必要不可欠な成人の1日のビタミンD摂取量の指標とされる、5.5μgすべてを体内で生成するとした場合に必要な日光浴の時間を、日本の3地点である札幌、つくば、那覇について、季節や時刻を考慮した数値計算を用いて求めました。

その結果、両手・顔を晴天日の太陽光に露出したと仮定した場合、紫外線の弱い冬の12月の正午では、那覇で8分、つくばでは22分の日光浴で必要量のビタミンDを生成することができるものの、緯度の高い札幌では、つくばの3倍以上の76分日光浴をしないと必要量のビタミンDを生成しないことが判りました。紫外線を浴びすぎるとシミやしわ、皮膚がんの原因となることから、最近極度に紫外線を忌諱する風潮も一部で見受けられますが、冬季の北日本などでは食物からのビタミンD摂取に加え、積極的な日光浴が推奨されることが今回の研究で明らかとなりました。
なお、本研究結果は、8月30日発行の日本ビタミン学会の機関誌「Journal of Nutritional Science and Vitaminology」に掲載されます。
                 
(以下、省略)
                      
記事は、論文となっていますが、全文は長いため、詳しくご覧になりたい方は、引用元のホームページでご覧ください。
記事にあるように、お住まいの地域の緯度により、一定のビタミンD生成に必要な「日光浴」の時間に違いがあることが分かります。
ビタミンDは、一般的に骨の健康維持に必要な栄養素として知られていますが、同時に免疫機能にも関わることが分かっています。
そのため、アレルギー的な要因を抱えるアトピー性皮膚炎の方の場合、ビタミンDが不足していることが、免疫機能に対してマイナス要因となることで症状の悪化要因となることがある、という研究報告もあるようですので、こうしたビタミンDが不足しないような注意も必要かもしれません。
サプリメントなどで補給することも可能ですが、可能な範囲で「自分の体で生成」するような生活を心がけることは大切でしょう。
なお、記事中にもあるように、紫外線はビタミンD生成には必要ですが、お肌に対するダメージを与えるといったマイナス点もありますから、「適度な量」には注意が必要でしょう。

                                  
おまけ★★★★大田のつぶやき

ビタミンDが不足していると思われる方に、ビタミンDのサプリメントや日光浴をお勧めして、症状が改善した例は、過去にもあります。
ただ、ビタミンD自体は過剰摂取も良くありませんから、また体内で生成されるビタミンDとサプリメントのビタミンDは、その組成が完全に一致しているわけではなく、可能な範囲で自らの体で生成されるビタミンDの量を「高める」工夫を行うことを基本とした方がよいかもしれません。