秋の気配にスキンケアの見直しを

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

               
9月に入って、少し気温が落ち着いてきたように思います。
8月後半に、一度、気温が下がった時に、スキンケアの話をしましたが、乾燥を感じやすいアトピー性皮膚炎の方の場合、こうした気温の変化に、お肌の状態が敏感に反応することがあります。

今週末にはまた気温が上がる予報が出ていますが、これから季節的には、気温は下がる傾向になりますから、暑さの中、ときどき見られるようになる「気温が下がった日のケア」というのを、もう一度、しっかり認識するようにしましょう。

では、気温が下がることで、どのような変化が生まれるのでしょうか?
お肌に関わる部分は主に二つです。

まず一つは、湿度が下がることで、お肌の水分蒸散量が上がることです。
角質層は常に一定の水分量を保つことで、痒みを知覚する神経線維が、真皮内から角質層内伸びてくることを防いでくれていますが、お肌の水分蒸散量が上がると、全体的に角質層内の水分量が減ってきます。

二つ目は、汗をかきにくくなることです。
汗は、お肌にとって、皮膚に存在するカビの排せつ物による「かぶれ」を生じさせるマイナス要因を抱えますが、同時に、皮脂と乳化して皮膚を守るスキンケアの役割を持っています。
基本的に、今の季節、気温が下がったと感じても、室内ではエアコンを使用したままのことが多いのではないでしょうか?
そうすると、余計に汗をかきにくくなり、少しでもできていたスキンケアができないことになります。

こうした「お肌の水分蒸散量の変化」「汗をかくことでできていたスキンケア機能が低下する」という部分は、大きな変化ではありませんが、元々乾燥しやすい状況にあるアトピー性皮膚炎の方の場合、「お肌が少しかさつく感じがする」など、小さな変化がみられることが多いようです。

そこで、この減った水分量を補う、あるいは水分蒸散量が上がらないようにすることが大切になります。
基本的に、夏のスキンケアは、ローション系やジェル系など、さっぱりしたアイテムを使われる方が多いのですが、残暑の間においても、こうした水分蒸散量が上昇する小さな変化が見られるときには、保湿系のスキンケアをプラスすことが大切でしょう。

気温が日によって変動しやすい今の時期、乾燥によるお肌のダメージがみられると、感染症など、夏場のお肌のリスクによる問題が起きやすくなります。
先月後半から、実際に感染症のご相談が増えている傾向があることは、少し前のブログでも述べていますが、これも気温の変化によるものが含まれていると考えられます。

こうした気温の変動には、十分に注意するようにしましょう。

                          
おまけ★★★★南のつぶやき

具体的なアイテムの選択としては、ローション系やジェル系をお使いの方の場合には、クリーム系を、クリーム系をお使いの方の場合にはオイル系のアイテムをプラスすると良いでしょう。
また、お薬をお使いの方は、逆に水分量がプラスできるようジェル系のアイテムを併用すると良いかもしれません。
いずれにしても、夏場のスキンケアは「秋の気温」においては、足りない部分も出てくることを認識しておくようにしましょう。