痒みの治療、アトピーの治療(2)

今日は、昨日の続きを書きたいと思う。

 

 

 

 

 

 

                   

アトピー性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎の炎症を引き起こす免疫が高いから発症しているのではなく、炎症を引き起こさないよう抑えるために誰しもが持っている力(サイトカインなどの働き)が弱くなっておるから生じておる疾患じゃ。
この「抑える力」は、同時に「成長」する機能でもある。
だから、昨日、述べたように、「正しく成長させる」ための、毎日の生活の積み重ねが大切になる、ということじゃ。

今の病院で行う治療は、ステロイド剤やプロトピック軟膏で、こうした過剰に働いている免疫機能を「抑える」ことで、炎症を抑え、痒みを生じさせないようにすることにはつながっているじゃろう。
じゃが、自ら持っておる「抑える力」が育たない以上、外から抑える「補助」がなくなると、いつでもアトピー性皮膚炎の痒みが現れてくる恐れは抱えたままになる。

ストレスがたまる、睡眠不足が続く、運動不足が続く、こうした内分泌や自律神経に影響を与える生活習慣が続けば、免疫機能を抑える力がなければ、免疫機能のバランスが崩れた際、いつでも「痒み」は現れることになる。

このように「痒みを抑える治療」は、痒みを抑えることで、本来、変えなければいけない「生活」そのものに目を向けさせなくすることが、「アトピー性皮膚炎の治療に直結しなくなった」と言うことじゃ。

他の疾患の例でいえば、足の骨にひびが入って痛みがある場合、その痛みを麻酔で感じさせなくして、歩いていることは良いことじゃろうか?
当然、歩くことによる負荷が、さらに足の状態を悪くする恐れはあるじゃろう。

同じように、内分泌機能や自律神経機能を生活の中で高める必要があるアトピー性皮膚炎に対し、単に、痒みを薬剤で抑えることで、それまで同様の生活を送れる状態にした場合、それまでの生活が「原因」だったなら、当然、アトピー性皮膚炎そのものが治ることは望めんじゃろう。

一般的に、アトピー性皮膚炎の初発の状態の多くは、そうした体の「異常状態」は軽微であることが多い。
したがって、薬剤で症状を抑えている間に、こうした軽微な異常状態は、何もしなくても自然解消してしまい、アトピー性皮膚炎が治ることがある。
こうした場合、患者は「薬剤でアトピー性皮膚炎が治った」と思いやすいのだが、実はアトピー性皮膚炎を治してくれたのは薬剤ではないのじゃ。

風邪をひいて熱が出ているとき、解熱剤を使えば熱は引く。
静養して風邪が治れば、熱は自然とでなくなるわけじゃが、この場合、解熱剤が熱を出さなくしてくれたのではなく、自分の体が風邪を治してくれたから熱がでなくなったわけじゃ。
もし、熱が下がって動けるから、といって無理に仕事を続けた場合、風邪そのものをこじらせてしまえば、さらに高熱が出ることになるじゃろう。

なぜ、アトピー性皮膚炎が体に現れたのか、この「意味合い」を正しく把握しないと、本来、必要な治療が行えないことにつながることになるじゃろうし、それが、今の「大人になってもアトピー性皮膚炎が治らない」という状況につながっておることを忘れてはならんじゃろう。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

初期のアトピー性皮膚炎は、今日、書いたように、実は「治りやすい」状況にある。
こうした中で、「こじらせて」しまう人は実はさほど多くない。
ステロイド剤がアトピー性皮膚炎の治療の主流として使われておるのも、こうした背景から見れば無理もないことじゃ。
じゃが、一部の「こじらせた」人にとっては、アトピー性皮膚炎の「本当の治療」を行わないと、薬剤で症状を抑えることを繰り返すことで、薬剤により受けるリスクが高まり、「治りにくい」状態に陥ることもある。
病気を治すことは症状を治すことと、必ずしも一致しておらんことは忘れないようにして欲しいものじゃの。