遅発型アレルギーについて

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             
アトピー性皮膚炎の場合、アレルギー反応はIgE(グロブリンE)が中心になりますが、その反応は蕁麻疹のように即時に反応する場合と、しばらくたってから反応するタイプ(遅延型)の二つがあります。
昔は、アトピー性皮膚炎は即時型のアレルギーと考えられていた時期もありますが(特に、子どもの食物アレルギーなど)、最近では、遅延型の方が中心のことが多いことも分かってきています。
先日、Webの記事で、この遅延型アレルギーについての記事が出ていました。
                
                 
●発症まで数日かかる「遅発型」アレルギーとは〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130712-00000007-sasahi-life
                
食品アレルギーというと、食べて数時間後にじんましんが…などのイメージがあるが、実は発症に時間がかかる「遅発型」アレルギーというのもある。
 
都内在住のフリーカメラマンの女性(34)は、昨夏、頂き物のメロンを4分の1個食べた後、数日間、体調不良が続いた。のどがイガイガし、全身がだるい。不調の原因を調べようとインターネットで検索していたら、「遅発型フードアレルギー」という症状を見つけた。
 
検査を実施している銀座のクリニックを受診し、96種類の食品について調べられる血液検査を受けた。ちなみに、即時型食物アレルギーの血液検査は保険がきくが、遅発型は適用外で、約3万円の費用は全額自己負担。3週間後に出た結果には、メロンはもちろん、96種類中57の食品が、7段階のうち、一定期間は食べないなどの対策を要するレベル3以上の陽性反応だった。
 
特に、体にいいと思って食べていた野菜や果物は大半がダメで、野菜でOKなのはニンニクとオリーブ、サツマイモ、ジャガイモだけ。コーヒーも牛乳も砂糖もNG。
 
「カフェオレを飲むといつも気分が悪くなるのは、これが原因だったのかと納得しました」
 
遅発型は即時型と違い、半年程度アレルギー食物を除去することで改善することが多い。ただ、この女性の場合は57種類の食品を避けてしまうと食べるものがなくなる。そこで、キャベツを食べたらその後3日間は避けるようにするなど、ローテーション表を作って管理した。肉は牛、豚、鶏とも大丈夫だったが、ソースには野菜のエキスが入っているし、しょうゆも小麦が入っているからNG。仕事先に持参する弁当は、ごはんにゆでた豚肉や納豆のパックなど、シンプルなものばかりになった。そんな生活を1年近く続けたことで体調は改善し、ダイエットしていたときには減らなかった体重が5キロ減った。
 
遅発型食物アレルギーの症状は、頭痛、下痢、疲労感、肌荒れなど多彩で、しかも症状が現れるまで時間がかかるため、不調の原因だと気づきにくい。
                                          

記事では、「遅発型」と表現されていますが、読んで字のごとく、遅れてアレルギー反応が示されるケースです。
アレルギーは、大きく分けるとⅠ型~Ⅳ型に分類され、Ⅰ型が即時型、Ⅳ型が遅延型のアレルギーです。
記事にあるように遅延型アレルギーの問題点は、時間がたってから現れるため、原因となるアレルゲンに気が付きにくい、という点にあります。
先日、ある大学の先生にお話をお伺いした際にも、最近、この遅延型のアレルギーが多くなっていることを教えていただきました。
遅い場合には48時間以上たってから現れるケースもあるそうです。
また、反応を示しているのがIgEではなくIgGの免疫の場合もあるようです。

分かりづらいケースではありますが、治りづらいアトピー性皮膚炎の場合、こうした遅延型のアレルギーの可能性も、治療を行っていく上では、考えておいた方が良いのかもしれませんね。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

アトピー性皮膚炎の場合は、食物アレルギーについて、3歳ぐらいを境に改善することが多いことが統計データでは出ておる。
これは、免疫機能が常に成長することで、これまで反応していたアレルギーを「自分の体で抑える力」も育ってきたからじゃが、逆に、こうした「抑える力」は、さまざま要因で高くなったり低くなったりもする。
遅延型アレルギーも、基本的には、それを抑える力は備わっておるわけじゃが、その機能が低い、あるいは働かない状況にあると、症状が現れてくることになる。
特に小児よりも成人の方が多い傾向があるようじゃから、長引くアトピー性皮膚炎の場合には、こうした遅延型のアレルギーについても感がてみることは必要かもしれんの。