エアコンの使い始めの注意点

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

  
最近は、気のせいか、少しずつ蒸し暑くなってきたように感じます。
5月も終わりですから、時期的には当然なのかもしれませんが、室内で事務作業をしていると、ここ1週間ほどは暑さが気になりだしました。

来月になって、本格的な梅雨の時期を迎えると、気温が上がれば、エアコンを使い始める方も多いのではないでしょうか?
今日は、エアコンを使い始める前の注意点をいくつか書いておきたいと思います。

     

1.使う前に清掃を

冬場もエアコンをお使いの場合、割と頻繁に清掃をされている方も多いと思いますが、暖房をエアコン以外の器具で使っている方は、一年ぶりの使用になると思います。
年末の大掃除で一度、掃除をしていても、花粉、黄砂、PM2.5が話題となった春の時期を越えていますから、表面には細かなほこりや、そういった異物が付着している可能性があります。
また、カビなどが発生しているケースも稀にあるようですので、使用する前には、必ず、一度はフィルター、本体の清掃を行っておきましょう。
清掃を行わずに、そのまま使うのは、エアコン内部のカビなどの異物、ホコリ、表面に付着した異物を「室内にまき散らす」ことになりかねません。
特に花粉や黄砂による悪化影響を受けていた方は、注意をしましょう。
また、エアコンを使い始めるときに清掃を行うのはちょっと・・・となりがちの方も多いようですので、使い始める前の今頃には、あらかじめ清掃を行って、いつでも使えるようにしておくと良いでしょう。

     
2.乾燥に注意を

湿度が高くなると、特に、「ドライ」機能を使う方も多いと思います。
ドライ機能は、湿度を下げますので、外は暑くても、エアコンを使った室内は「乾燥」した状態になります。
これは、エアコンの冷房機能も同様です。
冬場に乾燥で悩まされる方は、この夏場のエアコンでも、室内においては乾燥を感じることがありますから、ローション系、ジェル系のアイテムでスキンケアが間に合う方でも、保湿が足りないケースがあります。
お肌の状況を見ながら、ということにはなりますが、乾燥対策が必要になることがあることを忘れないようにしましょう。
   

  

これから、梅雨から夏場に向けて、エアコンを使う機会は増えてくると思いますが、室内の環境がお肌に与える影響があることを忘れずに対処するようにしましょう。

   
おまけ★★★★大田のつぶやき

私は最近、まだエアコンは使っていませんが、扇風機を使用しています。
扇風機も、直接肌に風をあてると、お肌の水分を蒸散させますから、乾燥することもあるので、扇風機を利用する方も、乾燥には注意するようにしましょう。