春のスキンケアにそろそろ切り替えを

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 
気温はまだ上下していますが、少しずつ、春が近づいてきています。
他のスタッフも書いていますが、年に何度もある季節の変わり目の中で、冬→春への季節の変化は、最もアトピー性皮膚炎の方の状態を悪くしやすい時期です。

それは、花粉症や黄砂など、外的な悪化要因が増えること、そして環境の変化(進学、就職、転居など)が身体の機能に影響を与えること、などいろいろ要因があるからですが、悪化した状態を少しでも緩和させるために、日頃のケアはとても大切と言えます。

そういった状況の中、注意したいのは、「春のスキンケア」です。
気温による肌状態の変化は、当然ですが、肌状態の変化によるスキンケアの変化も必要とします。
例えば、冬場は乾燥した肌の保水を維持させることに重点を置くスキンケアが主に必要になりますが、気温の上昇と共に、汗をかいたり、衣類が変化して肌の露出が増えるなど、冬場とは違った肌状態に対するスキンケアを考えなければなりません。

ところが、季節の変化に伴う肌状態の変化に気がつかず、冬場のスキンケアをそのまま続けていると、行っているケアが負荷となって、肌状態を悪化させてしまう、というケースもあります。
特に、最初に述べたように、冬から春への季節の変わり目は、悪化要因が多いですので、気温が上下する状況に合わせて、お肌の状況も日々、変化しやすいといえます。

必要なケアは、お肌の状況や生活環境などによって異なりますから一概には言えませんが、基本的には、春の時期に注意したいのは、汗の対策と保護でしょう。

夏場は「汗をかく」という意識も強く、汗対策に気をつけやすくなるのですが、気温がまださほど高くない状況では、汗への意識が弱いことが多く、昨日と同じ格好で出かけたら、今日は汗で不快だった、ということが起きやすくなります。
また、衣類が薄くなることで肌の露出部位が増えますが、衣類は肌にとって、空気の層を作り保湿と保護の役割を担っていますから、それがなくなることは、お肌にとっても「スキンケア」が失われた状況と言えます。
また、大気中の異物も多い時期ですし、紫外線も気になってきます。

こうした「春先に合わせたスキンケアへの切り替え」を、意識しながら行うようすることは、お肌状況の悪化を少しでも軽くしてくれますので、意識して行うようにしましょう。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

スキンケアは、個人ごとの肌状態によって異なるため、あまり具体的な方法が書けませんが、自分の状態に合わせたスキンケアについてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

●アトピー相談室
0120-866-933(受付時間:10時~19時)