寒い時期の入浴でも、入浴温度にはきをつけて

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 
今月の最初は、暖かい日がありましたが、また寒さが戻ってきていますね。

最近の相談の中で、増えてきているのが「入浴温度の問題」です。
外気が寒いので、追いだきをしっかり行って、熱めのお風呂に入っている、という方がおられますが、そういった方の症状の相談の多くが、「痒みと乾燥」です。

これまで、ブログでも何度か取り上げていますが、高い温度での入浴は、皮膚表面での血液量を増やすことで(お肌が赤くなるような温度での入浴)、ヒスタミンなど痒みを誘発する化学伝達物質の量も増えるなどで、痒みが増すことがあります。

さらに、皮膚表面の温度が上がると、当然、体はその温度を「下げよう」とするわけですが、体温を調節する方法は、皮膚からの水分を蒸散させることによる「気化熱」によります。
つまり、皮膚の表面温度を下げるために、角質層から水分を蒸発させるわけですが、当然、角質層の水分蒸発=角質層の乾燥、ということにつながってきます。

確かに、寒い日は熱めのお風呂の方が気持ち良いかもしれません。
でも、熱めのお風呂に入っても、「温まる」のは皮膚表面だけで、体の深部にその熱は届きません。
熱めのお風呂に入ると「湯冷めが早い」と感じたことがある方は多いと思いますが、これは、体の深部温度は37度前後で保たれており、お風呂の温度を40度以上で入浴した場合、その40度の熱が体の深部に到達して保持されると、体にとっては大きなマイナスとなります。
熱を運ぶのは、血液の役目のため、皮膚表面から伝わる熱を深部に届かないように、血流が悪くなります。
血流が悪い、ということは、「冷えの状態」でもあるため、熱いお風呂に入って体を温めようとして行為が、実は、血流を悪くして「体の内部は冷えている」という状態を作り出していることもあるのです。

このように、熱めのお風呂に入浴することは、「体感」的な心地よさはあっても、アトピー性皮膚炎の方の入浴を考えた場合、「痒みを作り出しやすくなる」「皮膚が乾燥する」「冷えの状態を作り出すことがある」というマイナス点が多いと言えるでしょう。

理想的な温度は38度前後、外気が寒いことを考えても39度ぐらいまでの温度で入浴するように注意するようにしましょう。

  
おまけ★★★★大田のつぶやき

38~39度での入浴は、「温まらないのでは?」「寒いのでは?」と思う方もおられると思いますが、その温度で一定時間の入浴を行えば、体温よりも高い温度ですので、じっくりとその熱を体に受け入れることで、しっかり温まることができます。
半身浴で入浴している人は、入浴のしはじめの際、体を洗ってついた水分をまず拭き取って、綿のシャツを着て入浴すると、上半身の肌寒さは軽減するでしょう。
プラスして、少しもったいないのですが、シャワーで高い温度のお湯を数分出すと、その湯気(湿度)もあって、浴室内は、比較的早く温まりやすくなります。
いろいろ工夫することで、対策はできますので、寒い日でも、入浴する湯温を高くしないように注意しましょう。