時間をかけたスキンケア

大田です。

 

 

 

 

 

 
昨年12月12日に『スキンケアは「必要最低限」よりも多めに』というブログを書きましたが、それを読んだ読者の方から感想のメールをいただきました。

●2012年12月12日のブログ
http://blog.atopinavi.com/2012/12/12/

 
●Wさんからのメール

初めてお便りします。
いつもスキンケアは最低限で、と思っていましたが、大田さんのブログを読んで、最近、乾燥が抑えきれない状況だったこともあり、多めのスキンケアをしてみました。
場所は、アトピーの症状が強い、二の腕から手先まで両手ともに全体にプルルジェル+Dをたっぷりたっぷり使ってみました。
ちょうど、初めて二週間になりますが、まず、触った肌の感触が違っていることは、はっきりとわかります。
そして、乾燥を感じることはほとんどなくなりました!
私の方法は、量はだいたいおおさじ一杯ぐらいの量をとって両腕にゆっくり広げて塗ります。
塗った当初は、水でぬらしたような状態ですが、その後、1~2分おいてから、ゆっくり何度も広げるように塗っていきます。
これを2回ぐらい繰り返すと、10分もしないうちに、お肌にしっかりなじんだ状態になってくれます。
回数は1日2回、朝起きてからと、就寝前です。
量が多いプルルジェル+Dも、2週間でなくなってしまうのが難点ですが・・・(笑)
でも、お肌の状態がこれだけ違うと、本当にびっくりします!

   

Wさん、お便り、ありがとうございました。
「乾燥」に対するスキンケアの基本は「保水」にありますから、乾燥しやすい今の時期、余計にたっぷり目にスキンケアすることは、お肌の状態にも変化が出てきやすいのでしょう。

注意点としては、使用するアイテムは、ローション系からジェル系のアイテムにすることです。
油分が多いクリーム系やオイル系アイテムは、量が多いと、べたつき感が残りやすく、不向きになると思います。

乾燥がなかなか和らがない方は、一度、参考にしてみてください。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

もう一つ注意点を上げると、Wさんのメールにあるように、広げる際には、強くこすらず優しく広げる感じで行いましょう。
強くこすった場合、真皮の細胞に影響を与えると、その「修復作業」として炎症が生じることになり、痒みのきっかけになることがあります。
スキンケアは、今回のようにたっぷり塗る場合以外でも、「優しく伸ばす」ことが基本になりますので注意しましょう。