スキンケアは「必要最低限」よりも多めに

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 
最近、冷え込みが厳しくなってきました。
寒さが強くなれば、乾燥も強くなる傾向があります。

以前に南さんがブログで書いていましたが、これからの乾燥時期、乾燥を自覚するアトピー性皮膚炎の方にとって、「しっかりとした保水・保湿」を行うことは、かなり重要になります。

スキンケアを行う場合、基本は「必要最低限」と考えることは間違いではありません。
ただ、お肌の乾燥状況と、お肌を取り巻く環境要因が悪化している場合、「必要最低限」だと思っていたスキンケアが実は足りていなかった、というケースは良くあります。

特に、冬場になると、油分でのスキンケアに力を入れる方は比較的多いようですが、意外とできていないのが「保水」です。
油分を補う目的は、バリア機能を高める、といった目的の他に、「水分蒸散量を抑える」という目的もあり、この「水分蒸散量を抑える」目的は、乾燥対策に直接つながってきます。

角質層の乾燥(お肌の乾燥)は、痒みを物理的に知覚する神経線維を表皮内に侵入しやすい状況を作り出しますので、アトピー性皮膚炎の方の場合、アレルギー的な免疫機能が関わる状況の他に、乾燥=皮膚機能の異常、といった状態からくる痒みが重なりやすくなります。

そこで、これからの時期は、とにかく「多めのスキンケア」を忘れないようにしましょう。

具体的には、まず「保水」としてローション系、ジェル系のアイテムで、お肌が「しっとり」するようにたっぷり使います。
水分がお肌になじみきらずにまだ残っている感じでも構いません。
とにかく「多めに保水」することがまずは大切です。
そして、次に、いつも使っている油系、クリーム系のアイテムで「保湿」を重ねて行いましょう。
お肌がある程度、濡れた状態でも、その後の「保湿」を行うことで、水分と油分がなじんで、皮膚に擬似的な皮脂膜を作ってくれれば、お肌の水分蒸散量が必要以上に高まることは少なくなります。

また、入浴後、外出時など、皮膚の水分蒸散量が高まりやすい状況においても、多めのスキンケアは心がけた方が良いでしょう。
もう一つの注意点は、乾燥対策で痒みや炎症が緩和する感じがする方は、日中は、何度かスキンケアを繰り返し、保水・保湿されている時間を長めにとれるように心がけることです。

お肌が潤った状態の時間を長めにとることは、アトピー性皮膚炎の症状に対する良い影響だけでなく、弾力などお肌の機能そのものにも役立つことが多くあります。
足りないより多めに行う、冬場のスキンケアの基本は、たっぷり保水・保湿にあることを忘れないようにしましょう。

  
おまけ★★★★大田のつぶやき

注意して欲しいのは、今日、述べた「たっぷり」としたスキンケアは、あくまで冬用だと、いうことです。
多くの人は、夏場に同じケアを行うと、べたつき感が強くなり、不快に感じることがあります。
こういった「たっぷり」したスキンけは、あくまで乾燥時期と言える冬専用と考えた方が良いでしょう。