秋の気配を見逃さないように

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 
最近、地方によっては気温が落ち着き始め、湿度が少しずつ低下している地域もあります。
先日も、東北地方の方から、ここ数日、夏の間は落ち着いていた首の痒みが出始めた、というご相談をいただきました。
細かく話を聞いていくと、ちょうど日中、汗が出なくなり始めてからそういった状況になってきた、ということでした。

残暑が厳しい今の季節、暑さの対策にまだ目が向きがちですが、どこかのタイミングで季節は夏から秋に切り替わります。
そしてその切り変わりは、皮膚の乾燥という状況にも影響を与えることになります。

その方には、保水と保湿を意識したスキンケアを始めるようにしましょう、というお話をいたしましたが、こういった季節の切り替わりの時期、夏の時期にはほとんど必要なく過ごせていたスキンケアを再開するタイミングを見失わないようにすることは大切なことです。

朝までエアコンをつけていないと寝れなかったのが、今日は朝、肌寒く感じた、お風呂上がりの肌の乾燥が気になるようになった、こういった体感できるサインがあれば、その際に合わせた「ケア」を心がけるようにしたいものです。

注意して欲しいのは、季節の変わり目は、前の季節と後の季節が入り混じることがあることです。
特に残暑の時期は、残暑の対策と秋の対策はかなり異なるため、その日の天候や気温、湿度にある程度は気を配るようにしたいものです。

秋の気配を見逃さずに、適切なケアに注意しましょう。

 
おまけ★★★★大田のつぶやき

冬から春、夏から秋、気温や湿度がかなり変化するこれらの季節は、体調も崩しやすく、そういった点からもアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる要因となることがあります。
これから10月中旬頃までは、気温や湿度には十分、気を配っておくようにしましょう。
特に、寝具については、夏の寝具、秋の寝具は、かなり異なります。
皮膚の乾燥だけでなく、体調の悪化にも気をつけましょう。