アトピー克服のカギ(スキンケア・4)

今日は、昨日の続きで、具体的なスキンケアの方法について考えてみたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで述べてきた通り、スキンケアには「角質層の乾燥を防ぐ」「バリア機能」の二つの大きな役割があること、それがアトピー性皮膚炎に対して大切、ということじゃ。

では、こういった役割を果たすためには、どのようなスキンケアを行うことが大切なのじゃろうか?
そこで必要なのが、「保水」「保湿」「保護」という考え方じゃ。

  
1.保水

これは、角質層の乾燥を防ぐ、という役割に直結しておる。
スキンケア、というと「しっとり」するために、乾いた肌に直接オイル系のアイテムを塗る方がおる。
当然、オイル系のアイテムであれば、「ベタベタ」した感触が得られるので、それがお肌の乾燥を和らげてくれる、という風に感じることはあるかもしれん。
じゃが、オイルはあくまで皮膚にとって、水分の蒸散を防ぐための「カバー」の役割じゃ。
表現があまり良くないかもしれんが、乾燥した肌に直接オイル系アイテムを塗るのは、いわゆる「砂漠にシートをかぶせた状態」に近い、ということが言えるじゃろう。
当然、元々乾いた砂漠にシートをかぶせても、その下がすぐに潤うことはないのと同じように、乾燥した肌にオイル系アイテムでカバーだけしても、乾燥そのものが改善されてはおらんことになる。

そこで、まず大切なのは、乾燥した肌に「水分を与えること」つまり「保水」じゃ。
この「保水」とは、お肌の機能を考えた場合、スキンケアとしては基本となる部分じゃ。
他の「保湿」「保護」は、角質層の乾燥を防ぐ、という観点から見れば、あくまで補助にすぎない。
まず主体となる「水分」を与えることこそが、基本ということじゃな。

スキンケアのアイテムとしては、「ローション系アイテム」が中心になり、次に、水分を多く含む、ジェル系、クリーム系が挙げられじゃろう。
スキンケアアイテムに水分が含まれているかどうかは、お使いのスキンケアアイテムの「全成分」を見てもらうと分かる。
「水分」が一番最初に来ていれば、豊富な水分を含むアイテム、といえるからの。

注意点としては、水分はお肌に浸透しやすい代わりに、角質層にダメージがある状態の肌の場合、角質層をつきぬけて真皮に直接水分が触れると、それが浸みるときに痛みなどを感じることがある、ということじゃ。

こういった場合には、まずオイル系アイテムで真皮の周りを覆ってから、ジェルやクリーム系のアイテムを与えるようにすると良いじゃろう。
もちろん、オイル系アイテムが角質層全体にカバーすることで、水分が角質層に浸透しづらい状況ではあるのじゃが、特にジェル系やクリーム系のアイテムはすでに乳化された状態のあるため(水分と油分が混ざった状態)、油分がクリームやジェルになじみやすく、水分が角質層に届きやすい。
もし、浸みることが気になる場合、十分な水分を届かせたいのなら、ジェルやクリームにあらかじめ水分を混ぜて(ミネラルウォーター、温泉、ローション系アイテムなど)から皮膚に塗布すると良いじゃろう。
明日は「保湿」について述べたいと思う。

  
おまけ★★★★中田のつぶやき

化粧品の全成分の表記は、法律上、配合割合が多いもの順に記載すること、となっています(但し、一定割合以下の成分は順不同で良い)。
そこで、今、使っているアイテムを見れば、どういった成分がしっかり使われているのか、ということが分かるでしょう。
また、グリチルリチン酸などアトピー性皮膚炎の方に、あまりよろしくない成分が含まれていた、などということが分かることもありますので、お使いのスキンケアアイテムは、できるだけ全成分を見ておくようにしましょう。

discounted cialis