寝汗に注意しよう!

大田です。

 

 

 

 

 

 

 
さて、ニュースでも「熱中症」が頻繁に話題になってくる時期となりました。
ここしばらくは、夜も熱帯夜(気温25度以上)が続いている地域もあるようです。

最近、数日のご相談を見ていると、就寝時の「寝汗」に関するものが増えてきています。

夜は、誰しも寝汗をかきますが、湿度と寝汗の量により、蒸発速度以上に寝汗が出ると、「汗をかいている」ことを認識するようになります。
寝汗は就寝時の不快感につながるだけでなく、寝汗が寝具に浸みこむことで生じるマイナス点も出てきます。

先日、ご相談を受けたのも寝具に対する相談でした。
その方は、防ダニのシーツを使用していましたが、防ダニシーツは、シーツの網目そのものが細かくなっているため、ダニを通さない、という方式のものが多く、寝汗をかく時期には、汗そのものが寝具に浸みこまずに、シーツと体の間にたまりやすい、という状況が生まれていました。

体感的な気持ち悪さだけではなく、カビなどが発生しやすくなることもあったため、シーツを防ダニではなく、吸水性のよいものにかえてもらったところ、その日から眠りやすくなった、という事例がありました。

こうした寝汗による影響は、睡眠そのものに対する影響だけではなく、かいた汗にかぶれて痒みが出やすくなったり、エアコンなどを併用していると、汗がたまった部位を逆に冷やして体調を悪くすることもあり、注意が必要でしょう。

具体的には、寝汗がたまらない工夫を行う、寝汗が浸みこんだ布団はシーツを洗って布団は干すなど、汗を放置しないような対策を行うなど、いろいろと工夫を行うようにしましょう。

寝汗で悩んでいる方は、お気軽にアトピー相談室にご相談ください
●アトピー相談室
フリーダイヤル 0120-866-933
受付時間:10時~19時

  
おまけ★★★★中田のつぶやき

あとぴナビでは、寝汗対策の寝具として「E-CORE(エコア)」というマットも取り扱っています。
これは、簡単に毎日でも浴室で丸洗いできるマットで、通気性と清潔さが保たれます。
耐圧分散もされ、暑い夏は寝やすくなった、という報告もあります。
興味のある方は、あとぴナビWeb通販をご覧ください。

●エコアのマット
http://shop.atopinavi.com/item/more?goods_id=385

※大人用シングルのページです。その他のサイズ、子ども用などもあります。