アトピー克服のカギ(食事制限・2)

今日は、昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事制限がアトピー性皮膚炎の人の多くに関わっていない理由として、免疫機能そのものの成長が関係していることを昨日は述べた。
そして、もう一つの理由として考えられるIgEの受容体について今日は触れておきたい。

アトピー性皮膚炎に関係するIgE(グロブリンE)抗体は、体内で肥満細胞やB細胞と結合し、アレルゲンが関わったりすることで、炎症反応を生じ、痒みを引き起こすことになる。
この中で、食物アレルギーが「炎症」そのものを引き起こす場合に関係してくるのがIgEに主に3つある受容体の中のFcERIと呼ばれるものじゃが、主に即時型の反応に関与しておると言われておる。
食物アレルギーの場合も、この受容体により肥満細胞と結合し、アレルゲンと反応することで即時型の反応を示すことで生じやすいとも言えるじゃろう。
そして、IgEには、他にもB細胞と結合するガレクチンー3と呼ばれる受容体がある。
これは主に、遅延型の反応に関係していると言われており、アトピー性皮膚炎の免疫機能が関わる原因の一つでもある。
ところが、このガレクチンー3の反応は、食物アレルギーなどのアレルゲンよりも、免疫のバランスに関わるサイトカインであるインターロイキン4などの影響を強く受けておる。
そして、このインターロイキン4を増強するのが、ストレスや睡眠不足、運動不足などの生活習慣、さらにステロイド剤などもインターロイキン4を増強することが分かっておる。
インターロイキン4が増強されると、アレルゲンと関係なく、表皮IgE陽性B細胞に変化することで、IgEと結合、さらにIgEを増強することで、アトピー性皮膚炎が慢性化する一つの要因に関わってくる、ということじゃ。

このように、食物アレルギーが原因として考えて治療を受けていても、実は、食物アレルギー以外の要因で、体内のIgEを増強し、症状が慢性化してくる、というケースがある、ということじゃ。
こういった場合、アレルゲンが「直接」関与しない分(全く関係しないわけではない)、食事制限そのものの意味合いが薄いことになる。

このように、アレルゲンとして食物アレルギーの反応があったとしても、それが、アトピー性皮膚炎の症状そのものに対して強い関連性を持たないことが多いため、また、食物アレルギーが強く見られるのが乳幼児期など、一定期間の場合が多いため、食事制限がアトピー性皮膚炎の主流にはなっておらんと考えられる。

もちろん、強い食物アレルギーの反応を示す方の場合、その反応そのものを起こさないために、食事制限を行うことは、有用な方法ではある。
ただ、食事制限は、主に乳幼児期に行われることから、アレルゲンの種類が多い場合、成長障害などの問題を生じさせることがある。
さらに、アナフィラキシー的な反応を示さない限り、比較的高い確率で、食物アレルギーは改善されることが多く(アレルギー反応を示さなくなる)、やみくもに食事制限を行うことは、子どもの健康な成長を考えた場合、マイナスの恐れもあるため、慎重に行う必要があるのは確かじゃろう。

基本的に、食事制限を行う場合、専門医の指導の元、行う必要があるのは、このためじゃ。
決して、自己流、自己判断で食事制限を行わないように注意が必要じゃろうの。

次回は、「スキンケア」について見ていきたい。

  
おまけ★★★★博士のつぶやき

食事制限は、専門医の指導の元、行うことが大切じゃが、食物アレルギーが改善したいった例を見ると、少しずつ「慣らしていく」というケースが多いようじゃ。
もちろん、アナフィラキシーを起こす場合には、わずかの摂取もリスクを伴うことがあるのじゃが、実際に乳幼児で食物アレルギーを抱えて制限を受けていた患者が、その後、対象となった食物が食べれるようになった、という例も多い。
また、生で食べると痒みが出るが、加熱すると痒みが出ない、という例もある。
これは、アレルゲンとして認識されるのが主に「たんぱく」の部分のため、加熱することでタンパク質の分子量が小さくなることで、アレルゲン反応がしにくくなる、ということもあるようじゃ。
いずれにせよ、食事は栄養を摂取する上で、必要不可欠な生活習慣でもあるから、現在、食物アレルギーがある人も、やがて食事制限が解除できるように専門医と相談して欲しいと思うの。

no 7 e cigarette