アトピー克服のカギ(ステロイド剤・3)

今日も昨日の続きから見ていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
2.B細胞のIgEの受容体(ガレクチン3)に対する影響からIgEそのものの増強によるリスク
アトピー性皮膚炎の免疫機能に関わる炎症には、「IgE(グロブリンE)抗体」が関わっておる。
IgEは、他のアレルギー疾患、花粉症や喘息にも関わっておるのじゃが、IgEが結合して炎症をもたらす細胞は、肥満細胞やB細胞などいくつも存在しておる。
主に、即時型の反応をもたらすのは肥満細胞じゃ。
この肥満細胞とIgEが結合する際の受容体は、「FcERI(F1)」じゃ。
F1の受容体により結合したIgE(抗体)が、アレルゲン(抗原)などと接触することで抗原抗体反応が生じ、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、それが炎症をもたらし、痒みを感じることになる。

これに対して、遅延型のアレルギーの反応をもたらすのは、主にB細胞じゃ。
このB細胞とIgEが結合する際には「ガレクチンー3(G3)」と呼ばれる受容体が関与する。

ところが本来B細胞には、IgEと結合する受容体であるG3は存在しない(表皮IgE陰性B細胞=sIgE-B細胞)。
当然、受容体がなければB細胞とIgEは結合できないから、その後、アレルギー反応が生じることもない。
しかし、アトピー性皮膚炎の方は、表面にG3が発現しているB細胞(表皮IgE陽性B細胞=sIgE+B細胞)が多いことが分かっておる。
いったんB細胞にIgEが結合すること、B細胞はさらにIgEを産生し、そのIgEが他のG3の受容体を持つB細胞に結合しIgEが作られ・・・・というように、IgEがどんどん増強してくることになるのじゃ。

このB細胞にG3の受容体を発現させる一つの要因がサイトカインの一つであるIL-4(インターロイキン4)じゃ。

IL-4は、睡眠不足や運動不足など、生活が不規則になると増えることが分かっておるが、同時にIL-4を増やす働きがあるのが、ステロイド剤なのじゃ。

つまり、ステロイド剤を長期連用していくと、IgEと結合できるB細胞(sIgE+B細胞)を増やすことになり、それが結果的にIgEそのものを増強させることにつながってくる、ということじゃな。

当然、IgEが増強されれば肥満細胞と結合するものも増え、Ⅰ型の反応も起こりやすくなる。
また、そういった形でIgEが増加すると、表面にIgEの受容体を持たないB細胞(sIgE-B細胞)が増えてこない限り、連鎖的にIgEは増え続けることになる。

これが、ステロイド剤を一定期間以上使用し続けた場合、炎症が慢性化してくる原因の一つと考えられておるわけじゃ(全て、ではないので注意が必要じゃ)

いったんこのループの中に入り込んでしまうと、解決方法としてはB細胞を健常人と同じように表面にIgEの受容体がない状態(sIgE-B細胞)にすることが必要になるが、そのためには、ステロイド剤の使用そのものがある程度制限されることも必要になるじゃろう。
しかし、ステロイド剤の使用を中断すれば、炎症そのものを抑える要因がなくなるため、リバウンドなどの強烈な皮膚症状を伴うことも考えられる。

これが、ステロイド剤治療、それも長期使用による治療の難しさ、問題点ということが言えるように思えるの。

明日は、3つ目の「アトピー性皮膚炎を「治さない」ことによるリスク」について見ていきたい。

  
おまけ★★★★博士のつぶやき

先日、佐賀大学の先生が、アトピー性皮膚炎の慢性化にいたる経路としてペリオスチンの研究を発表されておられたが、今回、ブログで取り上げたガレクチンー3と同じように、慢性化にいたる一つの道筋じゃろう。
このように、アトピー性皮膚炎に関わる因子は数多く、その因子ごとに解決方法が異なることが、アトピー性皮膚炎の治療が100人いれば100通り存在する、と言われる所以じゃろう。
ただ逆に言えば、共通した因子を持つ人であれば、共通した解決方法も存在することになる。
今後、そういった「アトピー性皮膚炎のタイプ(原因から見て)」をどのように分けられるのかもカギになってくるかもしれんの。