アトピー克服のカギ(ステロイド剤・2)

今日は昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステロイド剤が持つ問題点について見ていきたい。

過去のブログでも取り上げたことはあるのじゃが、アトピー性皮膚炎を考えた場合、ステロイド剤の問題点は大きく分けると3つ考えられる。

1.免疫力の低下による感染症のリスク
2.B細胞のIgEの受容体(ガレクチン3)に対する影響からIgEそのものの増強によるリスク
3.アトピー性皮膚炎を「治さない」ことによるリスク

この他にも、薬剤そのものの副作用として、皮膚を薄くする、赤みを増す(血管の拡張)などあるが、それは使用を中断することで回復可能なリスクじゃし、内分泌機能への影響については錠剤を服用する場合はまだしも、軟膏で皮膚に塗布する場合には、多くの人に強く現れるリスクではない(強いランクのステロイド剤を長期間使用したリスク)。

今回は、アトピー性皮膚炎という病態に対して影響を与えるリスクを中心に考え見たいと思う。

1.免疫力の低下による感染症のリスク

掻き壊しなどが見られる状態のアトピー性皮膚炎の人の9割以上は、何らかの感染症にかかっておることが分かっておる。
黄色ブドウ球菌やヘルペス、カポジ、中には真菌や緑膿菌の感染症が見られることもある。

ステロイド剤には、「抗炎症効果」があるが、簡単にいえば、「炎症を抑える」=「炎症を引き起こしている免疫の働きを低下させる」という仕組みじゃ。
人の免疫は、大きく分けると、アレルギーを引き起こす免疫であるヘルパーT細胞のⅡ型の免疫(Th2)と、感染症など外敵に対応するヘルパーT細胞Ⅰ型の免疫(Th1)の二つがあるが、ステロイド剤は、免疫システム全体の抑制を行うため、アレルギーに対応する免疫だけではなく、ウィルスや細菌など、外敵に対応するための免疫も一緒に低下させてしまう。
そのため、日和見菌など通常の免疫システムが働いておれば、対応できるはずの菌やウィルスへの防御が弱くなってしまうのじゃ。
また、アトピー性皮膚炎の人の場合、痒みがあり掻き壊しが生じた状態であれば、当然、皮膚のバリア機能そのものも低下した状態にある。

感染症が悪化しやすい状況は、感染症そのものによる炎症が生じることで、アトピー性皮膚炎の悪化要因になる。
本来、こういった感染症の場合、免疫力を低下させる薬剤の使用は禁忌なのじゃが、感染症により生じた炎症をも抑える目的で、さらに強いステロイド剤が処方されることになる。

すると、一次的に炎症は抑えられるが、皮膚の抵抗力はさらに低下し、感染症が悪化、炎症を抑えるステロイド剤の効果が時間の経過とともに弱くなってくれば、再び感染症による炎症が広がり、症状が繰り返し再燃して現れる・・・・という経過をたどるようになることも少なくはないし、そういった経験を持った人は多いじゃろう。

そして、最近、判明したステロイド剤の皮膚の免疫(抵抗力)への影響の一つに、ランゲルハンス細胞を死滅させる、という働きがある。
ランゲルハンス細胞とは、免疫を働かせていくために大切な細胞なのじゃが、ステロイド剤を連用していくことで、このランゲルハンス細胞が減少するのじゃ。
当然、免疫を働かせる仕組みの起点とも言えるランゲルハンス細胞が死滅すれば、アレルゲンなどに対する反応も生じなくなり、アトピー性皮膚炎の炎症そのものも抑えられることで、炎症から生じる痒みは抑えられるのじゃが、ウィルスなどの外敵に対しても、免疫力を働かすことができない状態になる。

このように、ステロイド剤の「連用」は、アトピー性皮膚炎の悪化要因の一つと言える「感染症」を誘発させたり悪化させることが、リスクの一つとして考えられるじゃろう。

明日は2つ目のIgEの受容体について考えていきたい。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

今日の博士のブログに出てきたステロイド剤のランゲルハンス細胞への影響は、現在、海外の科学雑誌に掲載された論文を翻訳し、9&10月号のあとぴナビの特集で紹介する予定となっています。
エビデンスを含めて、複数の論文が出ていますので、ぜひご覧ください。