ステロイド剤にできること、できないこと

たびたび、ブログで取り上げておることじゃが、読者の方から多い質問に「ステロイド剤の治療を受けているが、本当に治るのか?」というものがある。

 

 

 

 

 

 

  
ブログを良く読んでいる人であれば、気づいていただいておると思うが、ステロイド剤は、「症状」は治せても「病気」は治せん。

しかし、多くのアトピー性皮膚炎治療に携わる現場の医師たちは、ステロイド剤を処方する際、「ステロイド剤をしっかり塗ることでアトピー性皮膚炎が治る」という説明を患者側に行っておる。
もちろん、医師はあくまで痒みを抑える目的で処方することを十分理解した上で説明していても、患者側がそのように「受け取ってしまっている」ということはあるじゃろう。

ここに、ステロイド剤の「弊害」が生じる素地が生まれることになる。

痒みというアトピー性皮膚炎の人が訴える主症状は、病気そのものと一致しておらんことは、今まで何度も述べた通りじゃ。
病気そのものの解消しなければならん原因は他にあるのじゃが、その病気が生み出している症状が抑えられることで、患者自身は「病気が治った」と「勘違い」してしまう。

そして、言葉が少し悪いが、患者側にとって不幸なことは、そういった症状を抑えている間に「病気」そのものが自然治癒するケースが多い、ということにある。
いったん、ステロイド剤を数回使用して症状が完全消え、病気が治ったと思った患者は、そこから数カ月、一年たったときに、再び症状が現れても、再度、ステロイド剤で治療することに疑念は抱かない。

ところが、体がアトピー性皮膚炎を生じさせた原因は、常に一定とは限らない。
最初に現れたアトピー性皮膚炎は、ちょっとした睡眠不足が元で現れていて、睡眠が上手くとれたことでそれが解消できたとしても、次に現れたアトピー性皮膚炎は運動不足が元で、代謝の不足状態から体のバランスを乱していることもある。
そういった場合、長年積み重ねてきた代謝不足(運動不足)は、一朝一夕で解消されるものではないから、ステロイド剤で痒みを抑えていても、今度は、薬の効果が切れるたびにステロイド剤を使いづづけ、気が付くと、年単位で使用していて、ステロイド剤の弊害を受けるようになってしまった、というケースもある。

ここで挙げたのは一例にすぎんが、アトピー性皮膚炎という「病気」そのものと、アトピー性皮膚炎が生み出している「痒み」という「症状」を、別物として捉えない限り、治療の主体により受ける利益とリスクが混在してしまう恐れがある。

よく風邪を例に挙げるが、風邪により生じる体の症状はいくつもある。
熱、鼻水、咳、倦怠感、関節の痛み、といったさまざまな症状が現れる可能性がある。
それぞれの症状に対応することは可能じゃが、例えば解熱剤で咳を抑えることはできん。
そして、咳を抑える薬剤では熱を下げることはできん。
もし、咳を抑える薬剤で熱が下がったとしても、それはその薬剤の効果ではなく、「体が熱を下げた」だけに過ぎん。

逆に症状を中心に考えてみると、例えば「痛み」を生じる疾患は、それこそ無数に考えられる。
風邪、骨折、打撲、高血圧、いろいろな疾患があるが、いずれの場合も、痛みを抑える「解熱鎮痛剤」が、元の疾患を治してくれるか、というとそうではない。

このように、使用する「薬剤」が、何を治してくれて、何は治してくれないのか、これを正しく把握することは、病気の治療という点だけではなく、使用する薬剤の弊害を極力少なくする上でも、大切なことだと言えるじゃろう。

ステロイド剤を使用している人は、ステロイド剤が果たす役割をしっかり把握して欲しいと思うの。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

薬剤により受ける「弊害」は、時として、受けることができる「恩恵」を上回るダメージを与えることがあります。
ステロイド剤の長期使用により生じる「弊害」もその一つだと言えるでしょう。
長年、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、まず「病気」と「症状」の違いを、知るようにしましょう。