年末に向けてのアトピー対策について

今年も残り1週間となった。

 

 

 

 

 

 

 

 
今日はクリスマスイブじゃし、これから大みそか、お正月と、年末年始のイベントも多いと思う。
アトピー性皮膚炎にとって、不規則な生活は悪化要因ともなるので、年末年始のイベントはしっかり楽しんだ上で、症状が悪化しないように注意して欲しいと思う。
今日は、年末年始に押さえておきたいポイントを取り上げておきたいと思う。

1.睡眠

まずは、寝不足に注意じゃの。
大みそかに夜更かしした、など単発の影響は、その後、フォローすることは十分可能じゃ。
問題は、大みそかから正月三が日、全て不規則にならないように注意して欲しいと思う。
オールナイトはできれば避けて欲しいし、また、日中に寝過ぎることで、元々昼夜逆転しやすい傾向だった人が、年末年始をきっかけに、その傾向が強まってしまった、という話も、毎年のように相談を受けることじゃ。
特に、現在、炎症が強い人は十分に注意して欲しいと思う。

2.食事

基本は二つじゃ。
一つは、食べ過ぎに注意すること。
ケーキの食べ過ぎ、お餅の食べ過ぎ、おせちの食べ過ぎ、いずれもその負荷は体に対してプラスの影響はないからの。
もう一つは、糖質と脂質を摂りすぎないようにすることじゃ。
糖質の取り過ぎは、アトピー性皮膚炎を自分の体でコントロールするための副腎皮質ホルモンと関係してくるし、脂質の取り過ぎは、酸化の問題を抱えることになる。
イベントを楽しむことは、それはそれで大切なことじゃが、楽しんだ代償が大きい場合、それが皮膚に現れてくるのでは、あとで後悔することになるじゃろう。
十分に注意して欲しい。

3.入浴

やはり、体にとってプラスの要因は少なくとも忘れずに取り入れて欲しい。
特に、体に負荷がかかりやすい生活要因が多いわけじゃから、それを少しでも解消したいところじゃ。
また、寒さも厳しければ体も冷えやすい。
体が冷えれば、血液循環が悪くなることで、生活面で受けた負荷の影響が強くなることもある。
最低でも1日1回は、熱すぎない温度で30分程度の入浴を行うようにして欲しいものじゃ。
 

こういった注意点を忘れないようにして、年末年始のイベントをしっかり楽しんで欲しいと思うの。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

もう一つ気をつけて欲しいのは、風邪などの感染症です。
外出する機会も多くなると思いますので、人ごみに出る際には、気になる場合は特に、マスクなど物理的な対処は忘れないようにしましょう。