【Q&A】なぜ、入浴がアトピーに良いの?(2)

今日は昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎の場合、多くは、ステロイド剤やプロトピック軟膏など、免疫を抑制する薬剤により行われておる。
その治療を受けておる人にとっては、それらの治療は「アトピー性皮膚炎に対する治療」と感じておると思うが、正しく考えるならば「アトピー性皮膚炎により生じた治療」ということになる。

さっきの風邪の例でいえば、風邪をひいて高熱が出た場合、解熱剤が処方されたとすると、その解熱剤を「風邪の治療」と言っているのと同じ、ということじゃな。
解熱剤は、あくまで「風邪により生じた高熱を下げるための治療」に過ぎん。
つまり、風邪により体が引き起こした症状に対する治療、ということじゃな。

解熱剤では熱は下がっても風邪が治る、と思っている人は多くはおらんと思うが、ことアトピー性皮膚炎の場合だと、ステロイド剤やプロトピック軟膏で「アトピーが治る」と思っておる人が多い。

では、アトピー性皮膚炎を治すためには、どのような治療が必要かと言うと、「免疫機能の異常状態を引き起こした病気」という部分でいえば、「免疫機能の異常状態を治す治療」が必要じゃし、「皮膚の機能異常が現れた病気」という部分に対しては「皮膚の機能異常を治す治療」が必要、ということじゃ。

じゃが、残念なことにステロイド剤やプロトピック軟膏は、免疫を抑制する薬剤じゃ。
免疫を抑制することで、免疫反応により生じる炎症を抑制、その結果、炎症により生じる「痒み」を抑えておる、というわけじゃな。

アトピー性皮膚炎でいうところの「免疫機能の異常状態」とは主に、「アレルギーを引き起こす免疫を抑制するための体内の働きが低下した状態」を指しておる。

体内での免疫活動とは、免疫を活性化させる、免疫活動を抑える、という働きを常に行っておる。
この免疫を活性化させる、免疫を抑える、という働きは、メインの免疫反応そのものが行っておるわけではない。
サイトカインやインターロイキンなどが、ヘルパーT細胞に働きかけることで、活性化させたり抑制させたりしておるわけじゃ。
ところが、ステロイド剤やプロトピック軟膏は、こういった免疫活動を調整する働きを狂わせてしまうことが研究で明らかになっておる。
当然、免疫を抑制させるだけの働きを行っておるわけじゃから、活性化と抑制のバランスそのものを乱しても仕方はないじゃろう。

また、「皮膚の機能異常」の部分にいたっては、異常をきたしているのは「角質層の乾燥」、つまり表皮における水分保持能力が低下した状態となる。
アトピー性皮膚炎の人の表皮を調べると、セラミドが不足した状態の人が多いことが分かっておるが、セラミドとは、角質層において、細胞間脂質としてレンガ状に重なった皮膚の細胞をきれいな形で維持させる働きを行っておる物質じゃ。
これが不足すると、水分を保持できなくなったりすることで、レンガ状に重なった状態を維持させることができなくなり、結果的に、皮膚が荒れた状態になりやすくなる。
ステロイド剤やプロトピック軟膏自体は、ワセリンやクリームなどの基材が含まれているため、ある程度の保湿効果は見込めるが、本来、目的としている免疫抑制効果の部分だけで言うと、この皮膚の機能異常に対する改善効果はもちろんない。
ただ、皮膚の機能異常から、痒みが生じて「掻く」という行為により、結果的に、皮膚の下で炎症が生じるため、その二次的に発生したものに対しては、効果がみられるのじゃが、この場合も、直接、アトピー性皮膚炎の「主原因」の改善が行われるわけではない。

では、「免疫機能の異常状態」そして「皮膚の機能異常」をステロイド剤やプロトピック軟膏が行えないとするなら、それらの機能を改善するためには、どうすれば良いのか、という話になる。

それが「生活の改善」「生活環境の改善」ということじゃ。
どのように関わっているのか、続きは明日じゃ。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

アトピー性皮膚炎に関わる免疫機能の異常状態、ですが、最も関わるのは「IgE」(グロブリンE)と考えられています。
このIgEは、複数の受容体が関与しており、受容体に対する免疫抑制剤の影響についても、いくつか論文も発表されています。
ステロイド剤は、皮膚下に生じた炎症に対して抑える効果を発揮させることはできますが、アトピー性皮膚炎という疾患そのものに対しては、逆の効果を与えることもあります。
詳しくは、いずれ取材してみたいと思います。