【Q&A】乾燥時のスキンケアについて(1)

さて、今週末は少し気温が上がるようじゃが、秋は少しずつ深まっておる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
同時に、最近のブログで書いておるように、乾燥の傾向が強まってきておる。
実際、先月の下旬ころから、乾燥することの相談が増えてきておる。
そこで、今日は、読者から乾燥の質問をいただいたのでお答えしたいと思う。

 
●Nさんからのご質問

博士に質問があります。
毎年、秋になると喘息とアトピー、二つのアレルギーの症状が悪くなります。
夏場、汗をかく季節は、比較的状態が良いのですが、朝晩が冷え込むころから、首から顔にかけてむずむずとし始めます。
今年は、特に秋の花粉症もあったせいか、鼻もぐずぐず、目も痒く、かなり辛い状態です。
とりあえず、赤くなった状態のところに、クリームをつけているのですが、スキンケアはもう少し考えた方が良いでしょうか?
また、他に気をつけることがないか、教えてください。

 
Nさん、こんにちは。
まず、皮膚の仕組みを考えた場合、アトピー性皮膚炎の人の場合は特に、皮膚の水分蒸散を抑える力が弱いことが分かっておる。
本来、ヒトの肌が、水分を保つためには、表皮内の水分を保持する仕組みが整っていること、そして表皮を覆い水分の蒸散を防ぐ皮脂膜がしっかり機能しておることが大切じゃ。

じゃが、乾燥を伴うアトピー性皮膚炎の人の場合、角質層内のセラミドなど、水分を保持するための成分が不足し、さらに炎症から来る痒みにより、皮膚を掻き壊すことで、皮膚自体のバリア機能が低下し、余計に水分を蒸散しやすい状況になる。

また、比較的、アトピー性皮膚炎の方の場合、汗をかきにくい人が多いのじゃが、皮膚を覆う皮脂膜は、汗と皮脂が乳化してできる天然のモイスチャー成分じゃ。
そのため、汗が出にくい人は、自分の体で行うスキンケア(皮脂膜)も足りていないことが多い傾向がある。

これまで何度も述べてきたことじゃが、お肌にとって大切な要因の一つは「水分の保持」じゃ。
角質層に十分な水分が保持され、それを不必要に蒸散させることを防ぐ皮脂膜が機能しておることが、健康な肌の条件と言える。

角質層に十分な水分が保持され=保水、蒸散させることを防ぐ皮脂膜が機能=保湿、ということになるのじゃが、アトピー性皮膚炎の方の場合、この「保水」と「保湿」のバランスを考えたスキンケアが行えていないことが多いようじゃ。

例えば、Nさんの場合、文面を見る限りにおいては、首や顔に赤くなった状態がある、と書かれておるので、炎症が生じていることが考えられる。
この炎症により、お肌を掻き壊すことで、防御能力と保湿機能を低下させておるように見受けられる。
さらに、その上で乾燥を感じられておるようじゃ。

現在、どのようなクリームを使われておられるのかは分からんが、一般的にクリームとは、水分を含ませた(乳化させた)保湿成分が基本となっておる。
保水と保湿をバランスよく行うことが可能なのじゃが、その分、保水の機能も、保湿の機能も弱いことが多い。

そこで、Nさんの場合には、まず「乾燥対策」と「炎症対策」の二つに分けてスキンケアを考えた方が良いじゃろう。

乾燥対策としては、クリームよりもローションなど水分系のアイテムで水分を十分に補うように心がけて欲しい。
これが「保水」じゃの。
その上で、クリームで保湿がカバーできていなければ、油脂系が中心となったオイルなどでお肌を「カバー」することが大切じゃ。
ただし、ワセリンなど石油から作られた鉱物系の油脂は、連用することで皮膚に刺激を与えることがあるので、できれば植物系、もしくは動物系の油脂で自分にあったものが良いじゃろう。

次に、「炎症対策」じゃが、これは、皮膚の掻き壊しにより、防御能力が低下していることで、外部からの刺激に弱くなっておることも原因として考えられる。
当然、アレルギー反応、といった部分が関われば、これはアレルゲンなどの対策を考える必要も出てくるが、それはスキンケアとはまた違ったところでの対策となる。
スキンケアの対策として考えるならば、外部からの刺激をできる限り防げるように、お肌の「保護」ができるアイテムで、スキンケアを行うことが良いじゃろう。

このように、乾燥対策、そして炎症対策をそれぞれ状況に合わせて行うと良いじゃろう。
その他、気をつけたいことについては、長くなったので、続きは明日じゃ。

 
おまけ★★★★中田のつぶやき

商品開発担当の中田です。
あとぴナビで取り扱っているアイテムで、今回のNさんの例で適しているものをおススメするならば、保水対策としてAPローション、保湿対策としては、同じAPシリーズのAPクリーム、それでも乾燥を感じるならば、安然宣言シリーズのスキンクリームが良いでしょう。
保護対策としては、APクリームやスキンクリームがそのまま代用してくれます。
また、乾燥が著しい場合には、ワセリンよりも水分蒸散を長時間抑えてくれる、プルルモイスチャーベールを仕上げに上塗りしても良いでしょう。
なお、自分のお肌に合うかどうかは、トライアルセットなどで試してからお使いいただくと良いかもしれません。
また、他社のアイテムで考える場合には、「水分」「油分」をそれぞれ別のアイテムで補うことを考えた方が良いでしょう。
もちろん、症状が落ち着いてくれば、クリームなど万能タイプのアイテムでも構いません。
自分に適したスキンケアを心がけてくださいね。