秋の花粉症が増えている!?

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 
ここ最近、涼しくなってきてから、最も増えてきた相談は「乾燥」に対する相談ですが、もう一つ、増加傾向にあるのが「花粉症」に関する相談です。
少し前のブログでも載っていますが、秋も春同様に花粉症への注意が必要ですし、今年は、どうやらその傾向が強いように感じます。

ある記事では、

 
花粉アレルギーといえば春に起こるイメージがありますが、実はそうとは限りません。『警告!そのくしゃみは夏風邪じゃなく「花粉症」かも!?』という記事でもご紹介したように、日本各地で一年中、花粉アレルギーの原因となり得る何らかの花粉が飛散しています。

例えば秋は、“ブタクサ”や“ヨモギ”などの花粉アレルギーを発症する人が多いとか。

それでは、こうした“秋の花粉”に悩んでいる人は実際にはどのくらいいるのでしょう? このたび最新の調査によって、“花粉症の人のうち5人にひとりが、秋の花粉に悩んでいる”、“花粉症の人の半数以上は、花粉によって肌が敏感になることがある”という事実が判明しました!
■これは意外! 花粉症の人の5人にひとりが“秋の花粉”に悩んでいる

この調査は(中略)自社サイトのWEB会員1,404人に対して行ったもの。

まず、花粉症かどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人は全体の約半数の49%にも上りました。また、花粉症と答えた人のうち、秋にアレルギー症状が現れるという人は約20%。

花粉症の人のうち5人にひとりが秋の花粉に悩んでいることが分かりました。

 
Q.あなたは花粉症ですか?
はい  49%
いいえ 51%

Q.アレルギー反応が現れるのはいつですか?
1位 春   52%
2位 秋   19%
3位 特に決まっていない 14%
4位 冬    8%
5位 夏    7%

さらに、花粉症の人のうち、「花粉アレルギーによって肌が敏感になることがある」と答えた人は52%と過半数を占めました。具体的な症状としては、「かゆみが出る」が最も多く413件。以下、「肌がかさつく」(266件)、「化粧のりが悪くなる」(202件)と続いています。

肌のカサつき、化粧のりの悪さといえば、まず真っ先に“乾燥”を原因として疑いがち。でも実は、“花粉”が引き金になっているケースもあるのかもしれません。

心当たりのある人は、早めに医療機関などを受診してみてはいかがでしょうか。

  
というような統計データも出ていました。
これは、ある化粧品メーカーのアンケート結果に基づくものですが、あとぴナビで以前、行ったアンケート結果でも、近い結果が現れています。
特に、鼻炎の症状を伴っている場合、秋に変わり始めで「風邪」を引いたのかな、と思っても、実際には、「秋の花粉症」が原因のこともあります。

花粉に対する対策は、まずは物理的な対策(マスクなど)が基本となりますが、花粉により生じる「炎症」は自らの体の免疫力が関わっています。
そういった点においては、睡眠をしっかりとることも忘れないように注意しましょう。

いずれにせよ、季節の変わり目は、いろいろな変化が現れやすいので、自分の変化の「サイン」に目を向けて、しっかりと対策を行うようにしましょう。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

気温の変化から考えると、ここ2週間は、とにかく要注意じゃと思う。
今回の大田君が書いた「花粉」もそうじゃが、気温の変動に伴う衣類や寝具を変えないと、ちょっとした体調の悪化から、アレルギー症状もそうだし、軽い風邪もひきやすくなることがある。
いろいろと注意して欲しいと思うの。