水分摂取とむくみ

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 
ようやく、気温も下がってきました。
本来なら、アトピー性皮膚炎の方にとっては、一年の中で最も過ごしやすい時期になりますが、先日、他のスタッフのブログにもあったように、同時に乾燥対策を忘れないように注意して欲しいと思います。

さて、アトピー性皮膚炎の方の場合、リバウンドの時期などにむくみなどが生じる方がおられます。
そういった時期に、水分の摂取を控えられる方もいますが、大元の原因が、水分を摂取しなければならない疾病とは違う状況であると、水分を控えていること自体がマイナスになることもあります。

今日は、水分摂取に関する会員の方とのメールのやり取りを紹介したいと思います。

 
●Aさんからのメール(8月の上旬ころにいただいたメールです)

大田さん、こんにちは。
今、リバウンドで、むくみがひどいです。
特に、ふくらはぎがバンバンになっています。
去年ほど暑くないので、助かっていますが、それでも湿度が高く、息苦しくさえ感じています。
それで、昼間も除湿でエアコンを付けています。
夜はタイマーを使って3時間ほどです。
このむくみの原因は、冷えのせいなのか、食事のせいなのかと悩みました。
そこで、この前、たんぱく質を摂ると良いという話を知人から聞いたので、昼、夜と多めに食べてみましたが・・・・
結局、夜中、皮膚から汁が出てしまいました。
翌朝は、むくみは少し良くなっていましたが(偶然かもしれませんが・・・)、皮膚の状態はかえって悪化してしまいました。

むくみそのものは、夕方、食事の準備中から一番ひどくなり、朝、引いているときもあれば、まだむくみが残り、座っているとき膝を曲げると違和感と、曲げずらさがあります。
水分はあまり取らないようにして、紅茶をレンジで温めてからぬるい状態のものを飲んでいます。

アトピーとは関係ない症状なのかもしれませんが、もし、対応策などご存知でしたら教えていただけると助かります。
お忙しい中、申し訳ありませんがよろしくお願いします。
  

●大田からのメール

Aさん、こんにちは。
辛い状況が続いていますね。

まず、ご心配されているむくみついてですが、今の時期は、水分代謝も難しくなる時期です。
汗が出やすく、しかしいつもいる室内環境はエアコンで湿度を低下させて、と環境が一定でないため、Aさんのようにリバウンドの時期で、自律神経などもかなり乱れが残っている状況では、体液の流出も伴うことで、むくみがでやすいケースも見受けます。
Aさんは、水分をあまりとられていないとのことですが、身体からの出し入れがうまくいくようになれば、むくみや余計な湿疹も少なくなります。
また、水分を減らすことで、今のように汗をかきやすい時期には、リバウンド状態の方は特に体が水分を保持しようと働くことで(恒常性の働きなど)逆にむくみが出やすい、ということもあるようです。
できれば、適度な(過剰、ではなく)な水分補給はしっかり行い、食材などで一工夫してみてください。
体が水分を保留するためには、ナトリウムとカリウムのバランスも大事になってきますが、汗を多くかく今のような時期は、こういったナトリウムやカリウムなどミネラル分が不足した状況のことがあります。
食事の中で、ミネラルを多く含む食材を、しっかり食べてみることも良いでしょう。
冷たい水分を控えておられるのは良いことです。
体温に近い、ぬるま湯で摂取している今の状況を続けてみてください。

あと、エアコンの使い方ですが、室内の状況については、状態が悪い場合、あまり変化させないことの方が良いかもしれませんので、特に、夜寝るときに、エアコンをつけている時間帯は寝れる、ということであれば、一晩中、一定の温度を保つようにすることも一つの方法です。
その場合、温度は26度~27度ぐらいで試してみると良いでしょう。

いずれにせよ、むくみの原因は、内科的な要因がなければ、現在のリバウンドの影響が大きいと思われますから、まずは、アトピーの対策(入浴、スキンケア、生活など)をしっかり行っていきましょう!

(以下、省略します)

 
●Aさんからのメール(先週届いたメールです)

大田さん、こんにちは。
ようやく、暑さが和らぐのですかね。
台風はひどくて大変でしたけど(笑)
先月、問い合わせたむくみですが、食事で野菜(きゅうりやキャベツ、ニンジンなど)をしっかり摂って、水分も摂取して、エアコンで室温を一定にするようにして、湯治もしっかり行っていたところ、今月に入って、急激に状態が良くなってきました!!
皮膚も、普通の肌に見える場所も出てくるようになりました。
まだ、痒みはありますが、それでも先月と比べると、雲泥の差です。
ようやくリバウンドが抜けれるきざしが見えたのでしょうか?
もちろん、むくみも今はありません。
少し涼しくなってくると思いますので、今まで以上に、頑張っていきたいと思います。
来月は、一度お伺いしたいと思いますからよろしくお願いします!

 

Aさんの場合、むくみの原因は、リバウンドの影響が考えられ、リバウンド状態が落ち着くと同時に、むくみも自然解消されたと思われます。
Aさんのケースでは、「水分不足にならないこと」「ミネラルバランスを整えること」「体温調節に関わる自律神経への負荷を抑えること(エアコンの使い方など)」がポイントでした。
リバウンド症状は、むくみの他にも、体液の流出、色素沈着、猛烈な痒み、などの症状がありますが、それぞれの症状に合わせて、対処をしっかり行うことで、リバウンドを乗り切ることは可能です。
状態によって、対処は異なりますが、心配な状況があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

むくみなどの、こういったリバウンドの際に現れる状態は、ただ待っておるだけでは、改善するまでに時間が必要になることがある。
大田君が書いておるように、状況に合わせた「対処」を行うことは大切じゃ。
今回は、「むくみ」じゃったから、水分、ミネラル、自律神経、内分泌など、むくみを引き起こしている要因に働きかける、というアプローチじゃったが、他の状況の場合は、その状況に合わせた対処を行った方が良い。
いずれにせよ、困った状況があれば、いつでも気軽に相談して欲しいと思う。