ラテックス・フルーツ症候群について

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
昨日、ショウゴ君が、触ってはいけないキノコについて書いていましたが、アトピー性皮膚炎のヒトの場合、意外と身近な「普通の食べ物」に気をつけた方がよい場合があります。
それが「ラテックス・フルーツ症候群」です。

ラテックス・フルーツ症候群とは、簡単に言うと、ラテックス(ゴム)に対するアレルギーを持つ方が、何らかの植物に対して交差反応性を場合のことを指しています。
この交差反応性が報告された植物性食品の種類は、かなり多く、特に果物類との交差反応性が強くみられることがあります。

具体的な果物としては、リンゴ、モモ、サクランボ、洋ナシ、ナシ、スモモ、アンズ、イチゴ、ウメ、ビワ、ピーナッツ、ココナッツ、アーモンド、クルミ、キウイ、メロン、スイカ、バナナなど、対象はかなり多くの果物となっています。

もちろん、ラテックスアレルギーのある方が、これらの果物全てに、何らかの反応を示す、ということではなく、この中のどれかに(あるいは複数)、反応を示すことがある、ということではあるのですが、知らずに摂取していた場合、症状の悪化が継続してしまうこともあるので注意が必要でしょう。

また、果物だけではなく、野菜に反応することもあります。
対象となりやすい野菜としては、トマト、セロリ、キュウリ、ニンジン、ジャガイモなどがあります。

これらの食品を摂取した場合、口の中が痺れたり、胸の圧迫感を感じる、またその症状は一定時間の経過とともに和らぐのであれば、ラテックス・フルーツ症候群の可能性がありますので、状態が悪い時で、思い当たる節が特にない場合、摂取している食品について注意して見るようにしましょう。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

ラテックスアレルギーは、炊事の際、ゴム手袋をはめると、赤みが出たり痒くなる時は要注意じゃ。
大田君が書いていた果物を見ると、ほとんどの果物が該当する、といっても過言ではないのじゃが、体調や季節など、さまざまな要因も絡むから、ほとんどの果物に反応する、ということは稀じゃろう。
一応、食べると何らかの異常を感じる場合には、注意を行ってみると良いじゃろう。