【Q&A】入浴の効果的な方法について(3)

今日は、一昨日の続きで、アトピー性皮膚炎の人が行いたい、具体的な温泉の入浴の方法について述べたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、入浴という行為は、入浴する人の状況に大きく左右されることになるので、どうしても個人差は大きいものじゃ。
そのため、今日、紹介する効果的な入浴の方法とは、あくまで一例であることをご承知おきいただきたい。
自分に合わせた具体的な入浴方法については、無料のアトピー相談ダイヤルなどでアドバイスしておるので、詳しく知りたい人はそちらをご利用いただきたいと思う。

さて、温泉入浴を行う場合、次の三つを考えて欲しいと思う。

1.適切な入浴時間
2.適切な入浴温度
3.適切な入浴回数

この適切な、という部分が、年齢や体調によって左右されるので、具体性を出しづらいのじゃが、今回は、質問いただいたTさんのケースを想定して、今の残暑の季節を前提に考えてみたいと思う。

Tさんの場合、ご自身が35歳の男性、お子さんが3歳ということで、入浴を行うための体力は大人と子どもで全く違う。
そのため、入浴時間と回数は、二人でそれぞれ異なることになる。

ある程度、睡眠、食事といった体調維持の最低限の部分が行えていると仮定した場合、気温がまだ高い今の季節の入浴方法としては、

●Tさんご自身の場合

1日2~3回の入浴、時間は1回30分前後(1日トータル1時間を目安に)

●息子さんの場合

1日2回の入浴、時間は1回20分程度

が良いじゃろう。
入浴の回数じゃが、体の代謝を上げ、一定時間その状態を維持させていくことを考えると、最低でも一日2回は入浴して欲しい。
これが「攻めの入浴」と言うことじゃの。
また、そのタイミングは、ある程度時間をあけた方が良いので、できれば朝と晩の2回行うと良いじゃろう。
大人の場合は、休みの日などはお昼、夕方にもう一回入浴すると良いじゃろう。
子どもの場合は、今の季節は特に体力の消耗もあるので、1日2回が目安で良いじゃろう。

なお、朝は時間が取れなくて入浴できない、という人の場合、入浴の効果は1日複数回入るのと1回のみ入るのとでは、数倍違うため、「弱い攻め」になることを承知して取り組んで欲しい。
もちろん、弱い攻めでも、攻めは攻めじゃから、全く効果がないわけではないが、体にしっかり影響を与えるまでに、相応の時間が必要になる、具体的にいえば、アトピー性皮膚炎克服までに時間がかかることになる、ということじゃな。

とはいえ、回数や時間がとにかく長ければ長いほど良い、というわけでもないことを忘れてはいかん。
その時々の体調、体力を超えた入浴を行うことは、体調の悪化につながるケースもあり、自律神経や内分泌機能を正常化させる、という本来の目的から逸脱することにもなり、場合によっては逆効果になることもあるので注意が必要じゃ。

そして、今の季節の入浴で大きなポイントとも言える入浴温度じゃが、基本は38度と考えて欲しいと思う。
入浴温度が上がると、入浴後の皮膚の水分蒸散量も上がりやすくなる。
今の季節、湿度自体が高いため、水分蒸散量は上がりにくいことは確かにそうなのじゃが、それでも通常よりも上がることになるし、エアコンの部屋で入浴後、涼を取れば余計に上がりやすい。
それに、入浴回数と時間を重ねることで体力は一定量、使うことになるが、温度が高ければ消耗も激しくなるからの。
できる限り、体温に近い温度で入浴することが大切と言えるじゃろう。

それと、入浴方法じゃが、時間が短い場合は全身浴で問題ないが、長く入浴するのであれば、体への負荷を考えると、みぞおちから上を水面より上に出す「半身浴」が負荷が少なくてよいじゃろう。
注意点としては、せっかく半身浴を行っても、心臓から上の位置を水面につけると意味がなくなるので、腕を水面につけないようにすることじゃ。

そして、入浴後じゃが、夏場といえど、皮膚の状況に合わせたケアはしっかり行うことを忘れないで欲しいと思う。

最後に、濃縮温泉の量じゃが、Tさんの場合で言えば、まだ温泉湯治を始めて間もないこともあるじゃろうから、半分で十分じゃろう。
このまま入浴を継続して、冬場になったとき、肌と体の状況を見て、増やすのか減らすのかを考えると良いじゃろう。

ということで、今回のTさんの質問に対する回答じゃが、

入浴回数はできるだけ2回を確保し、1回の入浴時間は20分~30分、汗の出方なども参考にしながら、しっかり入浴を行い、入浴の温度は38度が良い。ただし、体調や季節などによって入浴方法は変化するので、具体的には相談して欲しい。

ということじゃな。
Tさんご一家が、いち早く回復されることを祈っておる。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

今回の博士のブログのテーマだった入浴は、個人差もありますので、下記の相談室にお気軽にご相談くださいね。

お電話の方 0466-81-8186
メールの方 info@atopinavi.com

メールの方は、件名に「アトピーの相談」と書いていただき、現在の状況(アトピー性皮膚炎の状況だけでなく、生活の状況や薬の使用状況などもできるだけ細かくお書きください)、ご質問の内容を記入してお送りください。