【夏の対策Q&A】屋外での運動のケアについて

今日も、あとぴナビ誌面でお伝えできなかった、夏の対策のご質問にお答えしたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

  

 
●K.Kさん(北海道・9歳)からのご質問
 
小4の息子がサッカー少年団に入団しました。
これからの季節、炎天下での練習で日焼けや、汗をかいて傷になっているところがしみてしまうことがあると思います。
練習前後のスキンケアなど教えてください。

 
K.Kさん、こんにちは。
先週は、なでしこジャパンの活躍で、サッカーの話題も多かったの。
これから本格的な夏の時期、スポーツを行っている方は、こういった問題は気になるところじゃ。

まず、日焼けについてじゃが、基本的に日焼けは皮膚へのダメージとして考えた方が良い。
したがって、できるだけ対策が必要じゃ。
できれば、長袖の衣類や帽子など、物理的に直接遮断できる方法が望ましいが、スポーツの場合、そういうわけにもいかん。
そこで、UVケアのアイテムを上手に活用するようにすると良いじゃろう。
練習の時間がどれくらいかがわからんが、小学生であれば、さほど長時間ではないじゃろう。
数時間の練習ならば、SPF値で20前後のもので十分じゃ。
また、アトピー性皮膚炎自体のスキンケアを行っている場合は、通常行っているケアの上から使用すると良いじゃろう。
万一、試合など長時間、屋外にいなければならない場合があれば、3~4時間で一度、塗り直すと良い。
ただし、スキンケアを行っている上からUVケアを行っている場合は、軽く洗浄して、洗浄が難しい場合には、おしぼりなどを用意して、スキンケアから塗り直すようにしたいところじゃ。

さらに、日焼けによる肌のダメージを受けた場合、その回復には、「皮膚の代謝」ということも関わっておる。
特に小さなお子さんであれば、新陳代謝も活発な時期じゃから、夜の睡眠はしっかり確保するようにして欲しい。
皮膚の代謝に関わる成長ホルモンは、睡眠に関わっておるからの。

それと汗をかいて傷になっているところが浸みる場合には、基本となるスキンケアをオイルを含んだアイテムで行うようにしたいところじゃ。
ただし、油脂性のオイルの場合、今の時期、ベタベタするかもしれんので、オイル分を含むクリーム状のアイテムが良いかもしれんの。

練習前後のスキンケアについては、先ほど書いたように、基本は日頃行っているスキンケアを行い、その上からUVケアを行う、また練習後は、一度、軽く洗浄等を行って、新しくスキンケアを行うことに注意してみてはどうじゃろう?

運動を行うことは、アトピー性皮膚炎にとっても、良い効果が見込める。
しばらく暑い時期が続くので、対策はしっかり行って頑張ってほしい。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

なでしこジャパンのサッカーのことが博士のブログで出てきましたが、今回の活躍で、勇気づけられたアトピー性皮膚炎の方も多かったようです。
決してあきらめない、言葉で表現するのは簡単ですが、それを実際に行動で示すのは、なかなか難しいことです。
今回の、なでしこの皆さんの決してあきらめない姿に共感した、というメールを、かなりの数いただきました。
辛い時期は、必ず乗り越えられる、あきらめないで頑張りましょう!