洗浄を忘れないように

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
さて、梅雨が続いていますが、今の季節、お肌にとって大敵なのは「感染症」です。
アトピー性皮膚炎の人は、9割の方が、何らかの感染症にかかっていることがデータで分かっていますが、その中心は、ヘルペスと黄色ブドウ球菌です。

こういった感染症に対処するために忘れてはいけないのが「洗浄」です。

洗浄=水で洗い流す、ということですので、お肌のスキンケアから考えると、皮脂を取るというマイナス点も確かにありますが、お肌にとって、特にアトピー性皮膚炎の人にとって影響を与えやすい雑菌をそのまま「肌で繁殖させてしまう」ことの方が、デメリットは大きいと言えます。

感染症が気になる人は、入浴の際、洗浄剤が傷口に浸みるのであれば、お湯で流すだけでも構いませんので、必ず「お肌の洗浄」は行うようにしましょう。
また、洗浄剤を選ぶ際には、皮脂を取り過ぎてしまうようなものは、避けるようにした方が良いかもしれません。
一般的に、石鹸は「界面活性剤」の塊とも言えますので、乾燥が気になる方は、純石鹸よりも、保湿剤が含まれたボディソープや石鹸の方がお肌に優しい場合があります。

また、洗浄後には、一定の皮脂は落ちた状態でもあるので、湿度が高い今の時期であっても、適切なスキンケアは忘れないようにしましょう。
特に、お肌にダメージがある方の場合、皮膚のバリア機能が低下した状態とも言えるため、「保護」を意識したスキンケアをしっかり行う方が良いでしょう。

洗浄を適切に行って、じめじめした時期を乗り切りましょうね。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

感染症については、今月の特集でも取り上げていますので、ぜひご覧ください。

●感染症に強くなる!スキンケア&入浴法
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=90