ステロイド治療における問題点(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 
今日は昨日の続きです。

まず、Aさんのメールにもあった「ステロイド剤が効かなくなる」という部分から見ていきましょう。

 
1.ステロイド剤が効かなくなる
 
ステロイド剤を皮膚に塗布した場合、皮膚で「効果をもたらす」ためには、皮膚下の細胞などに薬が影響をもたらす必要があります。
この影響をもたらすのは、皮膚にステロイド剤を「受け入れる」受容体があって、その受容体を通じて、免疫抑制による抗炎症、という反応をもたらし、炎症がない=痒みが「作られない」ということで、痒みが治まったように感じるわけです。

今の時期、よく花粉症のコマーシャルでみかける「ヒスタミンブロック」も、鼻腔内において、ヒスタミンが受容体を通じて炎症をもたらすため、ヒスタミンが受容体に「ひっつく前に」受容体を埋めてしまおう(ブロックしてしまう)という考え方です。

このように、ステロイド剤が生体に影響をもたらすためには、細胞における受容体がないとダメだということが分かるでしょう。
ところが、ステロイド剤の場合、長期連用すると、この皮膚におけるステロイド剤を受け入れる受容体が消失してくることがエビデンスで確認されています。

 
●ステロイド剤アトピーは治せない
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=47

 
つまり、「ステロイド剤が効かなくなる」ということは医学的にあり得ることなのです。
では、ステロイド剤が効かなくなるとどうするのか?というと、受容体は同じステロイド剤でも構造が違えば他の受容体が反応しますから、「強いステロイド剤」に変わっていくわけです。
実際、臨床の場において、「最初は弱いステロイド剤から使い始めたが、使い続けていくうちに、症状が抑えれなくなって、だんだん強いランクのステロイド剤に変わっていった」という話はよく耳にします。
この「症状が抑えられなくなった」というのは「ステロイド剤が効かなくなった」からです。
病院の医師はこういった場合、「症状が悪化したから弱いステロイド剤では抑えられなくなった」と言いますが、もちろんそういったケースもあるかもしれませんが、実は、その原因の一つには、この受容体の不可逆的な喪失も関係しているのです。

このステロイド剤の受容体が消失することで、ステロイド剤が効かなくなる、ということはエビデンスで証明されていますから、本来、反論するためには、「受容体が消失しない」というエビデンスが必要です。
ところが、こういったエビデンスを医師に見せても、「そんなことはない」という一言だけで済まされてしまうことになります。
もちろん、その医師が「ステロイド剤の長期連用により皮膚の受容体が不可逆的に消失することはない」というエビデンスを持っているわけではないにもかかわらず、です。

もちろん、受容体の不可逆的な消失とは、その期間、範囲などは個人差があるでしょうが、少なくとも、そういった可能性は否定されるものではありません。
明日は、二つ目の「ステロイド剤が皮膚に蓄積する」という部分を考えてみたいと思います。

 
おまけ★★★★大田のつぶやき

Aさんのメールには、ご両親がステロイド剤が効かなくなるはずがない、とありましたが、実は、こういった論文もあるわけです。
Aさんも一度、この論文をご両親にご説明してみても良いかもしれませんね。