【Q&A】化学物質の対策について

今日も、3月21日に、ブログのコメント欄にいただいた質問にお答えしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
●篠原さんからのご質問
 
はじめまして。

ソファーを購入したのですが、ホルムアルデヒドのにおいに苦しんでいます。 
ソファーの内部を調べてみると、合板が使われており、そこから、強烈なにおいがします。

最初、ソファーの臭さを訴え、購入した店に返品を申し出たのですが、いまだに合意していません。 
そのソファーをガレージに移し、他の店で、ソファー購入したのですが、また、これも臭います。

ものすごく不思議なことに、両方のソファー共、店では、まったく臭わないのですが、私の家に来たとたん、臭い始めました。

解決策はないかと思い、ネットで調べている際、こちらのページにたどり着きました。 
よませていただきますと、なにやら、封じ込める塗料があるとのことですが、その製品名を教えていただけないでしょうか? 

また、長持ちはしないとありますが、具体的には、どの位で、効果がなくなってしまうのでしょうか?

突然、コメントを書かせていただき、失礼とは思いますが、よろしくお願いいします。 
 

篠原さん、こんにちは。
アトピー性皮膚炎には、ホルムアルデヒドの化学物質は、ある意味「大敵」とも言えるじゃろう。
篠原さんが、アトピー性皮膚炎で悩んでおられるかどうかはわからんが、基本的な家具から発生する化学物質の対策について述べたいと思う。

まず、篠原さんがコメントを寄せられたブログのところに書かれていた「封じ込める塗料」については、残念ながら商品名などの情報が分からなかった。
その記事を書かれた角田先生なら分かると思うのじゃが、先生は今回の宮城県多賀城市にお住まいのため、今回の地震の被災地に含まれており、連絡がとりづらい状況じゃ。
いずれ、先生に確認できれば、紹介したいと思うが、こういった状況のため、すぐに確認できないことをご理解いただければと思う。

それで、家具から出るホルムアルデヒドの対策じゃが、基本は「換気」じゃ。
ホルムアルデヒドは、気温が上昇すると揮発が多くなりやすいから、これから暖かくなるにつれ、その量は増える可能性がある。
夏ころまでは、1日数回、換気を行うことを心がけるのが最初の対策じゃな。
換気を行う際の注意点としては、窓を開けるだけではなく、「風の道」を作ることが大切じゃ。
窓と反対側のドア、そしてドアの向こうの窓も開けるなどして、風の通り道を作ると、換気の効果は高まる。
もう一つは、換気を行う時間じゃ。
お住まいの環境がどのようなところにお住まいかがわからんが、もし交通量が多い道路が近くにあったり、農薬の散布を行う田んぼが近くにあると、換気を行って外気の化学物質を取り入れることになるのは良くない。
外気の化学物質が少ないところであれば、日中の換気でもちろん良いが、道路などが近くにある場合は、交通量が少なくなる早朝、夜間などに行う方が良いじゃろう。
ただし、夜間の場合は防犯に気をつけて欲しい。

換気以外であれば、ホルムアルデヒドがとれる空気清浄機などを使用するのも方法じゃろう。
ただ、最も効果的で簡単なのは換気じゃから、まず換気をしっかり行うように心がけてみてはいかがじゃろうか?

篠原さんの環境が早く良くなることをお祈りしておる。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

室内の化学物質については、過去の特集で取り上げているのでご参考になってみてください。
 
●新築じゃなくてもシックハウス?
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=12
 
●化学物質過敏症とアトピー
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=11