【Q&A】季節の悪化要因とは?

今日は、3月20日のブログのコメント欄でいただいた質問にお答えしたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
●学生さんからの質問
 
こんにちは
いつも拝見させて頂いております。さて、質問なのですが最近アトピーが急激に悪くなり始めました。特に変わった事はしていないです。就職が決まって引っ越しをして環境が変わりました。いつもは、肘や膝、首などの屈曲部だったのですが今は、全身というと過言になりますか広がっています。急に悪くなり始めたので環境の変化より季節柄痒くなるのかなぁと感じています。アドバイス等よろしくお願い致します。

私の情報として、脱ステ、脱保湿、約2年間。時々、悪いところがでると保湿。食生活は魚中心・お菓子等は食べません。睡眠は、大体11時くらいに寝ています。睡眠時間は約5時間から7時間とまちまちです。就職地で研修中で食事などの時間帯が変わりました。少し疲れ気味です。あと風邪気味です。薬はのんでいません。症状としては、乾燥・赤らみです。
 

学生さん、こんにちは。
質問いただいた件じゃが、悪化要因として最も考えられるのは、学生さん自身が感じておられる「環境の変化」「季節の変わり目」という二つじゃろう。

今年の冬は、いろいろと悪化要因が多かった。
まず、冷え込みがある。
天候的な冷え込みは、手足など末梢部位の血液循環を悪くしやすい。
こういった部分的な血液循環の流れが悪くなることは、血液によって運ばれるホルモンなどの伝達物質にも影響がみられることになる。
また、今年は花粉が昨年より飛散が多かった。
ちょうど、3月に入ったころからピークを迎えており、この影響もあるかもしれん。
そして、先日の地震も、影響がみられることがある。
学生さんがどこにお住まいかがわからんが、地震による不安に加え、現在、原発の影響、そして物資不足など、精神的疲労を受けやすい状況じゃ。

そこに加えて、ちょうど季節の変わり目、という要因が加わることになる。
就職が決まって、生活環境が変わることは、生活リズムの変化もさることながら、引っ越した先の化学物質などの影響(ハウスクリーニングなど)も考えられる。

いずれにせよ、こういった環境上の変化が、生体に影響をもたらしやすい条件を多くしてしまった、ということが考えられる。

学生さんの生活状況については、かなり気を使っておられるようじゃから、それでいいと思う。
しいて言えば、今の環境の変化、季節の変わり目という悪化要因を軽減するために重視した方が良いのは睡眠じゃろうの。
おそらく、就職による研修が終わり、生活リズムが安定してくれば、少しずつ安定してくるとは思う。
その中で、肉体的疲労、精神的疲労を少しでも軽減できるよう、睡眠を十分に取るように心がけると良いじゃろう。

スキンケアは、4月いっぱいは気温の寒暖の差が大きいじゃろうから、乾燥と汗対策を忘れないようにして欲しい。
気温が低い時は乾燥対策、気温が上昇したときは汗対策を考えておくようにしたいところじゃ。

また、入浴を行っているのであれば、入浴による疲労がたまりすぎないよう、今の生活リズムが安定するまでは、温度を上げない、時間を少し短くするなどの工夫も行った方が良いかもしれんの。
食事は、野菜をしっかり摂取して、ミネラル、ビタミンを多めに摂るようにして欲しい。

4月中までは、「体を慣らす」という意味合いで、焦らず「体を休める」ということを心がけてみてはどうじゃろう?
いち早く、学生さんの状態が安定されることを祈っておる。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

春の季節の変わり目の注意点は、あとぴナビでも過去に特集していますので、そちらもご参考ください。
 
●春はどうしてかゆくなるの?
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=23
 
●春対策で悪化をストップ
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=13