応援メッセージ(1)

先日、ブログとメルマガで募集した震災の際に気をつけること、そして被災地に方への応援メッセージを何件かいただいたので、今日は紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

  
■■応援メッセージ

 
●東京都・Tさん

「被災地で大変な状況を耐え忍んでいるみなさん、この嵐が過ぎ去るまでどうか負けないで。
みなさんが一日でも早く、ひとりでも多く、楽になれるよう、私たちががんばります。
きっと一日単位で物資などの状況はよくなってくると思います。そしていつか暖かい
春がきます。
どうぞ今は震災で疲れた体と心をゆっくり休めてください。無理をしないでください。
日本中の人々が、世界の人々があなたを心から応援しています。どうか負けないで」
  

●兵庫県・Aさん

私は、あの阪神大震災を経験しました。
地震直後の言葉を失う光景は、今でも忘れることはできません。
特に今回の地震は、津波がとてもとても、大きな爪あとを人々とそして、人々が日常生活を送っていた町に残してしまいました。
原発の問題もあります。
物資が、なかなかいきわたらない、という問題もあります。

でも、神戸は今、立ち直っています。
全国の人々の支えで、私たちは立ち直りました。

今度は、私たちが支えます。
だから、辛い今を乗り越えましょう!

心から心から、応援しています!

 
■■震災の際に気をつけたいこと

 
●大阪府・Sさん

震災になった時に避難した時ほとんどが断水してます。水が出なければ水を肌に濡らしてスキンケアができません。
私は豊泉水を濡らしたタオルをタオルを入れる入れ物にいれて、リュックに入れてます。
清潔が大切なので毎日替えてます。

地震がなく使わなかった濡らしたタオルはその日のスキンケアに使います。

あとは豊泉水を入れたスプレー容器もリュックに入れてます。

飲み水も一気に持ち運べないので豊泉水をペットボトルに入れてます。
アトピーの方にとって水は大切です。いつも温泉水を準備することが大切です。

  

●兵庫県・Kさん

阪神・淡路大震災に私はあいましたが、被災直後、そして避難所で暮らした間は、実は症状は、そんなに悪くありませんでした。
逆に、かゆみもほとんどなくなり、赤みも炎症も引いてました。
たぶん、極度の緊張状態が、症状を引かしていたんだと思います。
でも、仮設住宅に移ったころから、気持ちが少し緩んだのか、症状が悪くなり始めました。
相談員の人に、電話していろいろアドバイスを受けましたが、そのとき一番体に良かったのは、睡眠だったと思います。

避難所は、プライバシーも保てませんし、なかなか熟睡するのも難しいとは思いますが、睡眠だけはしっかりとるようにしてください。

今回の大地震は、被災した地域が広範囲のようですので、復旧が始まっても、時間がかかるかもしれません。
でも、きっと、必ず、元の生活は取り戻せます。
いえ、取り戻さなければなりません。
身内を亡くされたり、家を流されたり、本当につらい状況だと思いますが、皆さんは一人ではありません。
負けないで。

  

メッセージを送ってくれた、皆さん、ありがとう。
きっと、被災地の方たちに、その思いは、届くはずじゃ。
どうか、ブログを見ている読者の皆さん、被災地の方へ向けて、励ますメッセージを送って欲しい。
皆さんの「言葉」が、元気を生みだしてくれるはずじゃからの。

 

●応援メッセージ、震災の際に気をつけることは、皆さんの元気につながると思いますので、締め切りを設けず、引き続き、募集したいと思います。下記までメールでお送りください。

info@atopinavi.com

   
おまけ★★★★南のつぶやき

先日の新聞で、楽天の星野監督がおっしゃっておられました。

「困難、苦難は乗り越えられるやつにしか降りかからんのや、と自分に言い聞かせている。弱音は吐けない」

と。
もちろん、今回は多くの人命も失われましたし、乗り越えられる苦難にも限度があるでしょう。
でも、「明日」を取り戻すためには、前を向くしかないのも確かです。
どれだけ時間がかかっても、いつもの生活を取り戻せるよう、頑張りましょう!