冬場の半身浴について

大田です。

 

 

 

 

 

 

 
昨日は、南君が足先の冷えがある場合の入浴について書いていましたので、今日は、冬場の半身浴の注意点について書きたいと思います。

入浴する際、時間をしっかり入ることで、代謝量は増えますが、その代謝量に応じた負荷も体にかかります。
特に、肩まで入浴すると、心臓が水圧を受けることで、血流に影響を与え、長時間の入浴が難しくなります。
そこで、お勧めなのが「半身浴」です。

半身浴とは、文字通り、「体の半分だけ湯につける」という方法です。
具体的には、みぞおちから下の部分をお湯に入り、上半身は出しておく入浴法です。
半身浴のメリットは、心臓より上の部分が湯につかっていないため、体への負荷が小さく、長時間入浴に適していることです。
注意点としては、心臓より上の部分をお湯につけてはだめですから、「腕」もつけないようにする必要があります。時々、半身浴をしているのに、疲れがたまる、といった方がいますが、そのほとんどは、湯温が高すぎる場合か、この腕をお湯につけているケースです。

そして、冬場に半身浴を行う場合には、もう一つ、注意点があります。
湯温が低ければ、急激な体温の上昇を避けられますが、それでもしっかり時間を入ると、汗をかくぐらい体が温まります。
温まって汗をかく=体熱放射、ということのため、入浴中であっても汗をかいている部位の水分蒸散量が高まることがあります。
水分蒸散量が高まる、ということは、皮膚の乾燥を招いている、ということでもあるため、汗をかきやすい部位に炎症がある方の場合、入浴中でも乾燥からくる痒みを生じることがあります。

対策としては、浴室内の湿度を上げることで、水分蒸散量を抑えることができますので、入浴前、30分ぐらいから、浴槽のふたを開け、蒸気を浴室内にためることが一つの方法です。
もう一つは、水面から上の部分の肌に「膜」を作って水分蒸散量を抑える方法です。
具体的には、いらなくなったシャツを切って、ちょうど水面から上の部分が覆えるようにし、そのシャツを着て入浴する、という方法です。

後者のシャツを着て入浴する方法は、ぬるめの温度で入浴した際、当初は湯につかっていない肩などの部分が肌寒く感じることがありますが、それを防ぐ役割も果たします。

アトピー性皮膚炎を克服していくための入浴とは、反復継続が必要になりますが、冬場は、ぬるい温度で入ることに抵抗を覚える方もいるかもしれません。
しかし、自律神経や内分泌系に良い影響を与えるためには、ぬるい温度でしっかり入浴し、それを1日複数回行うことが大切です。
季節により、同じ湯温であっても、体感は変化してきますので、冬場は冬場なりの工夫を行うようにしてみるのも良いでしょう。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

半身浴は、広く健康法として取り上げられておるようじゃが、その目的である体への急激な負荷を避ける、ということを考えると、「湯温」は重要じゃ。
また、反復継続して入浴を行う場合、それなりの体力も必要じゃから、高い温度で半身浴を行っても、「半身浴にしている意味」が薄れることがあるので、注意して欲しいものじゃ。