アトピー性皮膚炎の治療とステロイド剤(2)

今日は、昨日の続きで、「ステロイド剤の治療が、治癒が可能なアトピー性皮膚炎の治療を妨げている」という問題について考えてみたい。

 

 

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎を「引き起こしている」原因は、免疫機能の異常、皮膚機能の異常の二つが主に考えられるが、いずれにせよ、自らの体が「生じさせている」ことに違いはない。
その異常状態は、睡眠、運動、食事、ストレス、生活環境内の化学物質などの影響によりもたらされておることがほとんどじゃが、アトピー性皮膚炎を「治す」ためには、こういった生活内における「原因の解消」が必須でもある。
ある意味、アトピー性皮膚炎の「痒み」や「炎症」は、そういった生活内の行動が、体の機能に対して異常をもたらしていることを「警告してくれている信号」とも言えるじゃろう。

じゃが、ステロイド剤の治療により「痒みや炎症」といった症状が抑えられれば、患者はどう感じるじゃろうか?
ほとんどの患者は、「痒みや炎症の消失」=「アトピー性皮膚炎が治った」と勘違いすることになるじゃろう。
当然、痒みや炎症と言った不快な状態が改善されれば、それ以上のアトピー性皮膚炎へのアプローチを並行して行うことはなくなることになる。

ステロイド剤の治療を受ける場合、体の不快な症状を抑えている間に、アトピー性皮膚炎そのものを「治すための治療」も並行して行うべきなのじゃが、現在の医師は、ステロイド剤で症状を抑えることを最重点に置いておるため、アトピー性皮膚炎改善のために必要な生活面の改善を「必須条件」として指導することはまずない。

「早く寝ましょう」「食事の内容はこうしましょう」「運動しましょう」「ストレスはためないようにしましょう」「掃除をしっかりしましょう」といった指導は行っても、その指導を患者が厳格に守れているかのチェックを行うことはなく、いったん引いた痒みや炎症が再び現れてくれば、そこで行うのは再度、ステロイド剤やプロトピック軟膏などによる「症状の治療」じゃ。

風邪の例でいうと、抗生物質や解熱剤、あるいは咳止めなどの投薬を行った際、医師が同時に良く伝える言葉に「安静にしていましょう」というのがある。
これは、風邪のウィルスや細菌を最終的に退治してくれるのは自分の免疫力しかないため、体力の低下を防ぎ、免疫力の低下を防ごうということじゃ。
よもや、薬を飲んでいれば、あとは何をしてもいいですよ、という医者はおらんじゃろうし、仕事が忙しい、勉強が忙しい、という患者がいれば、「こじらせば生命に危険が及ぶ可能性があるので絶対に安静にしてください」と厳守させるように伝えることじゃろう。

アトピー性皮膚炎も同じことじゃ。
ステロイド剤などで症状を抑えているだけでは、「アトピー性皮膚炎」という疾患そのものは治癒しない。
今の皮膚科医が行っているアトピー性皮膚炎の治療は、先の風邪の例でいえば、薬だけ処方して、仮にその人が安静にしていなくてもそこを最重点に指導していない状態と言えるのじゃ。

一時的に症状が抑えられても、アトピー性皮膚炎という疾患自体が治癒していない限り、薬剤の効果が切れれば、再び症状は現れる。
そして、症状が現れた患者に対しては、再び、症状を抑えるだけの治療を施す。
やがて、受容体の関係でそれまで使っていたステロイド剤が使えなくなると、アトピー性皮膚炎が悪化したということで、強いステロイド剤に処方を変える。

・・・・・・・・

これが繰り返され、気が付くと10年、20年とステロイド剤の治療を受け続けてしまう・・・そしてようやく患者は、ステロイド剤治療に疑問を抱くが、その時点では、皮膚そのもののダメージも大きく、さらにステロイド剤の副作用も現れ始めることで、ステロイド剤を中断すると、強いリバウンド症状に襲われるようになるのじゃ。
さらに医師は、このリバウンド状態がステロイド剤の長期連用によるものとは認めず「アトピー性皮膚炎が悪化した」ということで、密封法やステロイド剤の服用など、効果も強いが副作用も強く出やすい治療を行うことになる。

あとは堂々巡りじゃな。

短期間のステロイド剤使用で、ダメージを即受けるケースは多くはなく、また初期のアトピー性皮膚炎とは、体の異常状態も軽微なため、自然解消されやすい。
つまり、アトピー性皮膚炎が発症、ステロイド剤治療を受け、症状が消失、その後、アトピー性皮膚炎の症状が出ていない、という場合、患者はステロイド剤の治療でアトピー性皮膚炎が治った、と勘違いしやすい。
じゃが、実際には、ステロイド剤を使用しようがしまいが、日常生活内の軽微な異常状態の改善さえできれば、症状が落ち着くまでの期間に差はあっても、自然治癒しやすいことに変わりはなく(もちろん、掻き壊しのダメージが感染症など二次的な悪化を招くこともあり得るが)、決してステロイド剤が「アトピー性皮膚炎を治した」わけでなない。

ステロイド剤で症状を抑える治療を選択することは、その患者が置かれた状況にもよるから、決して「治療が誤り」ということではない。
だが、「アトピー性皮膚炎の治癒」を望む患者ならば、ステロイド剤が、どのような役割を持って、どのような効果(メリット)をもたらし、どのような副作用(デメリット)をもたらすのかを十分に知っておいて欲しい。

そして同時に、アトピー性皮膚炎は症状をコントロールしなければならない疾患ではなく、治癒する疾患であることも知っておいて欲しいと思う。

 
おまけ★★★★西のつぶやき

今回の朝日新聞の第6回目の記事の最後に「医師の助言を理解して治療を進めるために患者も正しい知識を持つことが大切」という言葉があった。
だが、ここでいう「正しい知識」というのは、「ステロイド剤治療を行う医師にとっての正しい知識」であって、「ステロイド剤治療を受ける患者にとっての正しい知識」と必ずイコールではないことを患者側は知っておくべきだろう。