スキンケアの話(4)

今日は、昨日の続きとして、毎日の生活習慣として行えるスキンケア、「入浴」についてみたいきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、なぜ「入浴」がスキンケアになるのじゃろうか?

その答えの一つが「汗をかくこと」じゃ。
ヒトが自らの体で行うスキンケアとしては、皮脂膜があるのじゃが、皮脂膜は「汗」と「皮脂」が混ざり合って作られる。
つまり、「汗」をかかない体とは、自分の体でスキンケアが行えない状況にある、ということじゃ。

今年の夏は猛暑じゃったが、その分、暑さによる体調の悪化などはあっても、皮膚の乾燥による影響は少なかったヒトが多い。
これも、汗をしっかりかけたことで、自分の体でスキンケアが行えたからに他ならない。

ぬるめの温度で半身浴を時間をかけて行うことは、自律神経や内分泌系への影響もさることながら、汗をしっかりかく、という訓練にもなっている、というこじゃ。
実際、ステロイド剤の中断によるリバウンド症状を乗り越えた方に聞くと、峠を越えたときの一つとして答えるのが「汗をかけるようになった」という時期じゃ。

ただ、気をつけなければならないのは、高温での入浴じゃな。

高温での入浴は、皮膚表面、あるいは皮膚直下の温度を入浴温度まで上げることになる。
40℃で入浴すれば、その熱を受けることで皮膚表面も入浴中には40℃に近づく、ということじゃ。

ヒトの体にとって40℃とは、生体維持にも関わる温度じゃ。
どうするかというと、体温を下げようと働く。
ヒトが体温を下げる方法は、汗をかいてその汗が蒸散する際の気化熱の働きじゃ。
つまり、高温での入浴は、入浴直後に汗を滝のようにかくかもしれんが、その汗は「気化熱」として使われ、皮膚の水分蒸散量は一気に高まることで、皮膚自体は乾燥してしまう、ということが起きてしまうのじゃ。

体温に近い温度の場合は、気化熱としての汗は少なくて済み、日常生活における体温での発汗の「訓練」にもつながる。

実際、高温での入浴を続けていた方に、ぬるめの温度に切り替えてもらうだけで、それまで停滞、あるいは悪化していた症状が、改善しはじめた、という話はよく聞く話じゃ。
入浴をしっかり行っているのに、肌の改善が見られない、という人は、入浴の温度をチェックしてみると良いじゃろう。

なお、冬場は体温に近い温度での入浴は寒いのでは?と思うかも知れんが、ぬるい温度に慣れれば、入浴後20分程度、しっかり汗をかき、お風呂から出た時は肌寒い感じがあっても、水分をタオルで取って、衣類を身につければ、かえって体全体が温まっていた、ということが実感できるはずじゃ。

実験でも、高温での入浴より低温での入浴の方が、入浴後の温まり方が持続することが分かっておるしの。

あともう一つ、入浴で注意して欲しいのは「入浴環境」じゃな。
詳しくは、明日述べたいと思う。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

汗を気にするアトピー性皮膚炎の人は多くいますが、今日の博士のブログにあったように、汗にも重要な役割があります。
汗とアトピーの関係は、あとぴナビで特集も行っていますので、ご覧ください。

●アトピーと汗
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=3