夏から冬の「からだ」へ

小田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
みなさんは今年の猛暑をどのように乗り切りましたか?
バテたりしていませんか?

ようやく秋らしくなって、ほっと一息という季節になりましたが、夏の気温がサポートしていてくれた代謝が落ちてくるので、落ちた代謝分だけ補わないと、これから来る寒さについてゆけずに状態を落としてしまうケースが多くなりますので、注意が必要です。

湯治で代謝を補うことはもちろん大切ですが、同時にこれから寒くなりますので、熱をもらって代謝を促進すること(温泉湯治)以外でも、自分自身で熱を作って代謝を促進することも大切になります。

現在、九州HRCをご利用いただいている方の状態は、お肌の乾燥がかなり強く、乾燥からくるかゆみや炎症でお悩みの方が多く見られます。

夏は何もしなくても気温が高いので、汗や皮脂の分泌が多く、乾燥することはなかったのですが、急に涼しくなり、汗や皮脂の出が悪くなり、皮膚バリアの形成がうまく行かず、乾燥して、外部刺激から守ることができず、かゆみや炎症が出ているパターンです。

この場合、これから来る冬を想定して、「夏のからだ」から「冬のからだ」へ、いち早く移行するように代謝を促進する必要があります。

受動の代謝から能動の代謝促進ですね。
入浴以外でいうと、運動がてっとり早い方法でしょう。

実際、ご利用いただいている方に運動をするようにアドバイスすると、かゆみや炎症が鎮まるケースが多く見受けられます。

すべての方に当てはまるということではありませんが、自ら動いて熱を作り、その熱を全身に伝えることで急激に落ち込んだ代謝を補った結果、からだにかかっている代謝低下により生じたマイナスを軽減することができたからだと思われます。

これから寒さが本格化してきます。
寒さというストレスに打ち勝つためには、猛暑で受けたからだと皮膚の疲れを取り除き、かつ冬の準備をする必要があります。

温泉と解毒効果の高い食事で夏の疲れを癒し、適切な運動のプログラムで冬の準備を行うようにしましょう。

 
おまけ★★★★小田のつぶやき

九州HRCでは、運動に関しても、いくつかのヒーリングイベントを用意しております。
ご利用の際には、それらのイベントにぜひご参加されて、役立ててくださいね。
ヒーリングイベントは、ホームページをご覧ください。

●九州HRCのヒーリング・サポート・イベントについて
http://www.9hrc.com/event/